ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 1

Wi-Fi!

ということで、記者会見の後は恒例のタッチ&トライ。なんか「タッチ&トライ&Wi-Fi!」って語呂がいいですね。みなさんも使ってください。

このエントリーでは、Wi-Fi対応の注目機種を紹介しましょう。

■AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 2

世界初となる4インチハーフXGA液晶を搭載した動画ケータイ。

ハーフXGAを数字でいうと「1024×480ドット」です。ちょっとしたネットブック並みの解像度です。なので、液晶を横にしてフルブラウザでPC用サイトを見ても、ほとんど横スクロールする必要がありません。画面広いこと広いこと。

カメラは800万画素CCDで、高感度に強いという特徴があります。液晶をスライドさせるとテンキーが登場しますので、タッチパネルとテンキーの二刀流で使いこなせます。さらに、十字キーから指を離さずに操作ができる「ベクターパッド」を搭載。ここに指を置いてぐるぐるとなぞると、使い方に合わせたオススメ機能がらせん状に表示される「スピンぐるメニュー」という機能が搭載されています。思わずぐるぐるしたくなりますよ。発売は2009年11月中旬以降の予定です。

091111_941SH01 091111_941SH02 091111_941SH03 091111_941SH04

さて、続きはこの後でどうぞ。

 ■AQUOS SHOT 940SH

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 3

1210万画素CCDカメラを搭載したデジカメケータイ。

最大の特徴は、世界初の100枚連写機能です。実際に試すと、ほんとに100枚連写するんです。撮影時に数字が0から100までカウントアップする様子は結構楽しいですよ。また、登録した人の顔に自動的にフォーカスを合わせる「個人検出機能」など、多彩なカメラ機能がウリです。発売は2009年11月下旬の予定です。

■940N

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 4

NEC製のWi-Fi対応ケータイ。薄さ13.9mmのスリムなボディは、Wi-Fi対応機種では最薄。手ぶれ補正付き810万画素カメラ機能や、2MBまでの大容量ファイルを添付してメールが送信できるなど、そのボディからは想像できないくらいボリューミーな内容となっていますよ。発売は2009年12月中旬以降になるようです。

■dynapocket X02T

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 5

9.9mm、超薄型のスマートフォンです。4.1インチの大画面液晶はもちろんタッチパネルです。OSにはWindows Mobile 6.5を搭載。インターフェイスや使い勝手が大幅に変わり、かなり使いやすくなっています。モーションセンサーが内蔵されており、着信時に電話を振ると通話が開始したり、本体を横にすると自動的に画面表示が横になるといった機能も搭載されています。発売は2009年12月中旬以降の予定です。

■X01SC

ソフトバンク2009冬&2010春新製品発表会に行ってきました~その2 6

サムスン電子製のスマートフォン。見ての通り、QWERTYキーボードを搭載しています。よく見るととうもろこしみたいです。でも、ひとつひとつのキーが盛り上がっていて、打ちやすくなっています。OSはWindows Mobile 6.5を搭載。重量が103.9gと軽く、手にするとびっくりしますよ。こちらも2009年12月中旬以降の発売予定です。

091111X01SC01

Wi-Fiが搭載されていない機種のなかで注目のものは、この後のエントリーで!!

(三浦一紀)