タイタニックの5倍を誇る世界最大豪華客船、間もなく就航!(動画)

タイタニックを襲った巨大氷山にだけは激突しないように願います...

ロイヤルカリビアン社が15億ドルをかけて建造してきた超豪華客船「OASIS of the SEAS」が、ついに今週半ばに米国フロリダ州マイアミ港に姿を現しますよ。現在は造船所のあったフィンランドを出港して、ゆったりと大西洋を航海中です。世界でも最新鋭のナビゲーションシステムを搭載しているので、あのタイタニックのような悲劇には絶対に遭わないと太鼓判が押されてますね。

この16層デッキを有して22万トン級となるOASIS of the SEASは、エアバスA380なんかよりもはるかにビッグサイズで、これまで「タイタニック2」と評されてきた世界最大のクルーズ客船「クイーン・メリー2号」と比較しても、さらに1.5倍も上回る大きさを誇り、全長365m、全幅47m、常時6000人を乗せて洋上を旅する姿は、まさに正真正銘の世界最大豪華客船にふさわしい威風堂々としたシルエットになりますよ。船上のプールの数は21に上り、デッキのお部屋なんてリッチな2階建ての家にしか見えない造りに仕上がってますね。

来月より定期クルージングへと正式に就航予定ですよ。もう予約殺到中とのことなんですけど、う~ん、やっぱり世の中にはボクらの想像なんてはるかに超える雲の上の世界の贅沢な暮らしを楽しんでる人がワンサカいるってことですねぇ...

[Oasis of the Sea via BBC via The Awl]

Dan Nosowitz(原文/湯木進悟)