NTT東のAndroidフォトフレームより超安い!WiFiタッチ目覚まし「Chumby One」速攻レビュー

NTT東のAndroidフォトフレームより超安い!WiFiタッチ目覚まし「Chumby One」速攻レビュー 1

コロンとしたボディ。これだったらお部屋につけっ放しでもネット中毒なんて思わないですねー。

ワイヤレスで常時ネットに繋がっててニュース、天気予報、首都高渋滞情報、ツイッター、写真、音楽、そして何故かGizmodo日本語版まで最新フィードを流してくれるタッチ端末「Chumby(チャンビー)」君に新型が登場です!

価格

期間限定キャンペーン中は100ドル(約9000円)で、その後は120ドル(約1万800円)。国際規格の電源アダプターとACチャージャーは同梱ですが、バッテリーは別売。アメリカは11月25日出荷開始ですよ。日本語対応版については公式サイトをチェックしてみてくださいね。

091113Chumby_vs_beanbagmodel

旧モデル(右)からビーンバッグが取れました

判定

相変わらず要るのかどうかは「?」ですけど、疑問の余地なくカワいい! ケースも新しくなって、価格は大幅カットで喉から手が出る魅惑のプライスになりました。初代ビーンバッグ型モデルは「Chumby Classic」と改称、新モデルは「Chumby One」という製品名に。

初代「Chumby Classic」でメーカーさんがどういった用途を想定したか今ひとつ分からないんですが、この「Chumby One」は昔のラジオ付き目覚まし時計とは一味もふた味も違います。持ち主の好みでいくらでも形を変える通信ウィジェット端末と知らないで目覚ましのつもりで買うと、うれしい驚きが待ってますよ。

Pandoraのミュージックで目覚めたら、指で画面をめくってメールやTwitterでタイムラインをチェック。布団にもぐって、また10分グー...ね? 最高でしょ?

「Chumby Classic」との違いを見てみましょう。

 

ビーンバッグが白プラスティックになって、横に巨大なボリュームつまみを装備。画面は3.5インチの抵抗式タッチスクリーンです。

デザインも僕は好きですね。遊び心があって、コロコロしてて、どっから見てもカワイイ! 中には、「Chumbyはあのビーンバッグがいいのに...」と、ガッカリする人もいるかもしれないけど、僕はそんな違わないと思いますよ。

「Classic(ビーンバッグ)」のChumbyは電源ケーブル必要だったので、ヒョイと放り投げたりできなかったしね。新デザインもこれで十分独自色出せてるんじゃないかと。「いや、どうしてもビーンバッグ!」という人も大丈夫、これからも買えますよ。この「One」は「Classic」に交代する新製品ではなく、追加モデルなので。

「Chumby Classic」にはあったのに「Chumby One」で抜け落ちた機能もあります。USBポートはClassicは2個あるのに、Oneは1個しかないし、Classicはステレオの2Wデュアルスピーカーセットだったのが、Oneでは同じワット数のモノスピーカーになってます。スピーカーは違いが分かるぐらい(音が)歪んで濁ってますね...酷いほどじゃないし、低音で聞いてるときは問題なしです。

が、「Chumby One」で充実したのは、メモリーがClassicが64MBだったのがOneは2GBに増量したこと、ACチャージャーに追加でリチウムイオンバッテリーがついてくること、プロセッサもより高速になったこと。使ってもそんなにスピード差は感じませんでしたけどね。まあ、ニューヨークタイムズのヘッドラインニュースや天気予報はそんな処理パワー要らないですもんね。画面も前よりシャープです。全体のサイズも奥行きは増えたけど狭く低くなってます。

ところでChumbyって、ウィジェットの品揃えが、かーなり良いんですよ。時計はなんでもございだし、ソーシャルネットワーキング、ニュース、RSSフィード、ゲーム、その他楽しい暇つぶし系がいっぱい! そして、たびたび強調しますが、Gizmodo日本語版も最新エントリが切れ目なく流れてきます!切れ目なく!

評価が難しいガジェットですね。一方では「100%要らない」―最近のスマートフォンはドックに置けば、コレみんなできちゃいますから。それに目覚まし時計の値段として100ドルはかなりお高い。でも他方では自分でも否定できないぐらい心惹かれる製品でもあるわけです。

時刻、天気、ニュース、RSSフィードを流す仕事はきちっとやってくれるし、Pandora流して僕を起こしてくれる。ほいでもってカワイイ...。ベッドサイドテーブルに置くプラスティックのキューブに100ドル出して構わない人は即買いでは?

091113Chumby_a091113Chumby_b091113Chumby_c091113Chumby_d091113Chumby_e091113Chumby_f091113Chumby_g091113Chumby_h

[総論]

(+)秀逸なレトロデザイン、クリーン&シンプルなUI

(+)ウィジェットは最高!

(+)100ドル--大幅プライスダウン。だが衝動買いプライスではない。

(-)全部スマートフォンで間に合う。

(訳注:日本のNTT東のAndroid搭載フォトフレームをもっと安くユル~く楽しみたい人にはChumbyいいですね。ウィジェットの自由度も魅力。類似カテゴリーの製品として徳力さんも言及してます~)

Dan Nosowitz(原文/satomi)

 

※ご指摘ありがとうございます。記事修正いたしました!