携帯電話発明の父、iPhoneは大嫌いと語る...未来はらくらくホンにあり!?

携帯電話発明の父、iPhoneは大嫌いと語る...未来はらくらくホンにあり!? 1

ご自分もお年を召されたからでは?

現在からは考えられない1kg以上もする重さの電話機でしたけど、1973年4月3日にマンハッタンの市街から世界初の携帯電話機による通話を成功させ、「携帯電話の父」としても知られるマーティン・クーパーさんが、最近の携帯電話の進化に不満タラタラなコメントを寄せたそうですよ。

「iPhoneだって? 一体アレは何だね? あんなに使いにくい電話機はないよね。複雑すぎるったらありゃしない。なんでもできるユニバーサルな商品を、あらゆるユーザー層を狙って作ろうとすればするほど、たいした良い物はできないのさ。これから将来に成功するのはね、生活を大いに向上させる単一の機能に特化した製品だよ」

う~ん、スペインのマドリードで開かれたカンファレンスにて、このブッタ斬り発言を連発したクーパーさんですけど、わりに世間の反応は冷ややかだったんだとか。まぁね、華々しい世界初の携帯電話発売といった栄光の軌跡とは裏腹に、当のクーパーさんが率いたモトローラは、現在では携帯電話事業で大苦戦してますしね。いまや80歳を迎えたクーパーさんが、いろんな多機能な面は犠牲にして、とにかく電話機として使いやすい「らくらくホン」のような製品を求めるのも当然かな?

[The Telegraph]

Danny Allen(原文/湯木進悟)