この究極の空中ショットを見よ! Nikon D300sでお宝撮影に成功(動画)

なかなか写真家も男前なんですよね...

ハンググライダーをこよなく愛するマーク・ワトソンさんは、このほど動画撮影機能を搭載してパワーアップした「Nikon D300s」を改良セットアップし、あの北オーストラリアだけで見られる壮大な自然現象「Morning Glory Cloud」の撮影に挑むべく、上空へと旅立って見事に収めることができた貴重なビューティフルショットの数々を公開中ですよ。

動画と静止画を自由に切り替えて、片手で手軽に心の趣くままにシャッターを切れるようにカスタマイズボタンを搭載したNikon D300s。それをハンググライダーのフロントエンドにマウントして、10.5mmの魚眼レンズを装着しつつ、長さ1000kmともいわれる巨大なロール雲帯のMorning Glory Cloudへと迫っています。う~ん、この絶景ショットに酔いしれちゃいますよねぇ!

もちろん、動画対決なんぞさせちゃったら、やっぱりRAWファイルで映画まで撮りまくれるREDカメラなんて最高なんですけど、でも、こうやって上空の美しい撮影ショットを眺めてると、機材よりも大切なのは被写体なんだよなぁと改めて納得させられちゃいますね。

[YouTube via CrunchGear]

Danny Allen(原文/湯木進悟)