ネットの流行り言葉を現実で使われると気恥ずかしい

ネットの流行り言葉を現実で使われると気恥ずかしい 1

インターネットでの流行り言葉現実世界で使われると、どうしてこうも居心地が悪いのでしょうか......

インターネットの昔懐かしいコピペ「Every time you masturbate... God kills a kitten」のパロです。Every time...は、どーもくん子猫を追い掛け回す画像と共に全米でに有名になったコピペ。

ネットの流行り言葉を現実で使われると気恥ずかしい 2

「あなたがオナニーするたびに、神は可愛らしい子猫を殺すんです。それでもまだオナニーをし続けるつもりですか?」くらいな意味です。

日本で言うと吉野家コピペみたいなもの。Wikiepediaにも載ってるくらい超有名で、有名すぎるが故にもうだいぶ古めかしい。

で、この映画館に貼られた文言は、この使い古された流行り言葉のパロで「あなたがBit Torrentで(違法に)映画をダウンロードするたびに、神は映画を一本殺すのです」という意味です。

さて、全米のネットユーザーが感じた気恥ずかしさを、少しでも共有することができたでしょうか? ガチョーン。

[Blame it on the Voices via The Daily What]

Adam Frucci(いちる)