違法ダウンロードする人はしない人より楽曲をマメに買う(英世論調査)

違法ダウンロードする人はしない人より楽曲をマメに買う(英世論調査) 1

前々から言われてることなので今さら長々と書き立てるほどのニュースでもないですけど、「最新の調査でもそうなんだなー」というのは知って損はないかも?

音楽業界の疫病神と言われる違法ダウンロード経験者の方が、実は楽曲をたくさん買っていることが、イギリスの最新の世論調査で分かりました。

Ipsos Moriがネット接続環境のある16~50歳の1000人を対象に行ったもので、11月1日に結果が発表となりました。それによると、「インターネットから違法にダウンロードをしたことがある」と正直に認めた回答者が楽曲購入に拠出するお金は、「一度もしたことがない」と答えた人より年間33ポンド(4904円)ぶん多い平均77ポンド(1万1444円)だったそうですよ?

イギリス国内の違法ダウンロード人口は年間推定700万人。被害も相当大きく、ピーター・マンデルソン国務大臣は「違法ダウンロード警告通知が3回以上になった世帯はインターネット接続停止処分にする」という、いわゆる「スリーストライク・アウト」のルールの法制化に動いてます。

でも、違法でダウンロードする人は合法でも買うし、もしかしてライブにも足繁く通ってTシャツもポスターも買うオールマイティーな上客だったりするので、コアのカスタマーを罰したら業界の売上げに逆効果なんじゃないの? と批判の声も出てるみたい。悩ましいですね...

[The Independent via Boing Boing]

Jack Loftus(原文/satomi)