火星探査機が健忘症になってしまった件

火星探査機が健忘症になってしまった件 1

「おーい、ご飯はまだかのう」

「あらいやだ、さっき食べたじゃないですか」

そんな会話が地球のNASAと、火星上地上探査しているSpirit Roverの間でなされているとかされてないとか。

すでに約6年も火星で生活し、今は裏方に回って粛々火星の年代について調査しているんですが、未だに火星の砂にスタックしちゃうんだとか。さらに「健忘症」と呼んでる持病をもってて、せっかく記録したデータがたまに飛んじゃうんだそうで、NASAの研究者は頭を痛めてます。

原因不明ですが、夜になって眠る(パワーダウンする)と記憶(フラッシュメモリ)が消えちゃうそう。フラッシュなんですから消えるはずないんだけど、きっと火星人光線銃攻撃を受けているに違いありません。症状が日増しにひどくなっているので事態は深刻ですが、もともと90日間の使用予定でしたからよくぞここまで持った、というのが実情でしょうね。

MSNBC

Jack Loftus(原文/野間恒毅)