【サイボーグ・ライフ】目で描くグラフィティ(動画)

人とテクノロジーの密接な関係、サイボーグ・ライフシリーズ。

トニーさん(Tony Quan)はとても才能あふれるグラフィティ・アーティストでした。しかし現在、彼の体は動きません。病気で体が麻痺しているためです。「以前のように街中にグラフィティを書きたい」そんなトニーさんの願いは、テクノロジーの力によって実現されました。

そのテクノロジーが「EyeWriter」。目の動きだけで絵を描くことができるソフトです。しかも、EyeWriterは無料のオープンソース。手作りのハードウェアもたった50ドル(約5000円)しかかかっていません。もちろんみなさんもDIYすることが可能、作り方も解説されています。

EyeWriterの開発チームは、これを作りオープンソースとして提供することで、トニーさんのように体を動かすことができない人に何かを作るということを続けてほしいと考えています。

サイボーグ・ライフ、技術の力で人間が人間であるために、自分が自分でいられるために。

[Eyewriter via Infosthetics]

Rosa Golijan(原文/そうこ)