ビル・ゲイツが称賛! ジョブスはアップルの救世主

ビル・ゲイツが称賛! ジョブスはアップルの救世主 1

ビル・ゲイツがCNBCテレビでジョブスを改めて称賛しました。

もちろんビル・ゲイツとスティーブ・ジョブスはコンピュータ業界では不可欠、補完しあう関係で相互尊敬感服があるのは言うまでもないことですが。

以下、ビル・ゲイツが Keeping America Greatという番組で語った言葉です。

間違いなくジョブスは素晴らしい仕事をした。当時アップルは毛色の異なるハードウェアとソフトウェアの両方を手がけていた。ジョブスが戻った時はNeXTを買収した時だったのでアップルはとても厳しい状態になったんだ。実際にもう存続ができないと思うくらいに。

しかし彼はチームや素晴らしい製品のインスピレーションデザインをアップルに持ち込み、信じられないほどの力で、すべてをいい方向に向けたんだ。コンペティターにもいい刺激を与えて、多くのソフトウェアがアップル用に出たよね、マイクロソフトも含めて。確かにアップルはコンペティターだよ。しかし一緒に働いてきたこの業界のすべてのリーダーの中で、彼が一番インスピレーションを与え、会社を救ったんだ。

なんて感動的なんでしょう。

それにしても凄い番組タイトルですね、Keeping America Greatって。「アメリカをグレートにし続ける」ですからね。

AppleInsider

Sean Fallon(原文/野間恒毅)