アップル、ハッキントッシュ締め出しへ! ネットブックへのSnow Leopardインストールを阻止する方針が明らかに

2009.11.10 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

091110mini-9-osx.jpg


あくまでも異端者には厳しい締め出し処分を突きつけるつもりのようです...

次々と開発者向けに最新ビルドが配布され、Mac OS 10.6.2(Snow Leopard)のアップデートが図られておりますが、このほど明らかになったところでは、「10C540」ビルドにおいて、多くのネットブックに標準搭載されているAtomプロセッサのサポートが打ち切られてしまいましたよ! いきなり起動しなくなっちゃうんだそうです。

これまで数多くのユーザーが、ネットブックなどに無理やりMac OS Xを乗せちゃうHackintoshへと挑み、なかなか快適なネットブックでMac環境というものも実現してきたんですけど、ついにアップルが鉄拳制裁を加えてきましたね。今後もAtom搭載PCでMacを楽しみたい皆さまは、Mac OS 10.6.1のままアップデートしないことが勧められておりますよ。

同じ理由で、Mac OS 10.5(Leopard)でもアップルがHackintoshを認めない方針を打ち出してくる場合、やはり次のアップデートは見送って、Mac OS 10.5.8のまま使い続けることがお勧めです。すでにHackintoshコミュニティーからは、たとえアップルが阻止する作戦で来たとしても、なんとかそれを回避する策を見出すべく、激しい迎撃体制が整えられつつあるようです...


[OS X Daily]

Danny Allen(原文/湯木進悟)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア