Windows 7のアーティストに迫る

Windows 7のアーティストに迫る 1

Chuck Andersonさん、Windows 7のデフォルトの壁紙、ログイン画面等をデザインしたアーティスト。ギークとアート、Chuckさんにクロースアップ!

Chuckさんは高校卒業後すぐにシルクスクリーンを始めました。昼間はThreadlessストアで働き、夜はオンラインのアートコミュニティで自分自身のブランドの確立のため作品を作り始めました。

NoPatternという名前で若くして大きな成功を手にいれました。(NoPatternは現在は彼のデザインショップの名前に。)

ペプシやUrban Outfitters(アメリカの大手セレクトショップ)、リーボック等、彼の作品は至る所でみることができます。

下に米GIZMODOのDan記者のお気に入りの作品を1つご紹介。Lupe Fiascoのデビューアルバム「Food & Liquor」のカバー。

Windows 7のアーティストに迫る 2

そんなChuckさんのWindows 7をどうデザインしたのか。完成前の下書きもあります。

続きどうぞ!

 現在24歳の彼は今回新たな扉をあけ次のレベルに、Windows 7のデザインです。これはすごいことですよ。Chuckさんのデザインをこれから長い間何百万人という人が見る事になるわけです。

MicrosoftはどうしてもChuckさんにお願いしたかったようです。そしてその選択はまちがってません。Windows 7はWindows OSの中でも1番見た目に気合いがはいっているOSでしょう、そしてそれはChuckさんのデザインした画面の表れです。

ここで彼の最近の作品を紹介します。

20091110win7chuck220091110win7chuck320091110win7chuck420091110win7chuck5

ここで興味があるのは、Chuckさんは独立して自分でビジネス、道を切り開いてきた人です。そんなChuckさんが大企業、しかもMicrosoftのような世界の支配者とも言える大きな存在、つまり対照的な相手と一体どのようにして仕事をしたのでしょうか?

Chuckさん曰く、実際に彼が一緒に仕事をしたデザインチームは少人数のグループで、彼の意見に対してとてもオープンだったそうです。

2008年の12月、デザインチームが最初にChuckさんに見せたのはこれらの多少トリップ気味な壁紙、なので枠にはまらないことをしても大丈夫だというのは初めの段階から確認できたそうです。

ログイン画面とデスクトップのデフォルト壁紙。この2枚の画をしあげるのにかかった時間は、初めから完成までで4ヶ月。紙と鉛筆の下書きから、PhotoshopでWindows 7のスクリーンを制作していきました。最終的にコンピューターを使って仕上げたといっても、完成品にはどこか手書きのいい意味で少し不格好なところが残っています。実は、ログイン画面のこの光る糸のような画、すべてWacomのタブレットを使って手で描かれています。

【ログイン画面】

20091110win7chuck620091110win7chuck720091110win7chuck820091110win7chuck920091110win7chuck10

(上のギャラリーの初めの4枚は制作過程の画)

初めに完成したのはログイン画面。そしてデスクトップのデフォルト壁紙、Win 7のパッケージデザインと続いたわけですが、壁紙もパッケージもこのログイン画面をイメージの元として作られました。

Chuckさん曰く「ログイン画面の制作で重要なのは、ログインボタンとその情報の背景としてシンプルでエレガントなものでなくてはいけないということ。Windows 7の美しさは光にあります。エネルギー、透明感、そしてスピード感。自分にとってそれら全てを自然的な美として未来的でデジタルなスタイルでまとめようと思いました。

このイメージで何度も書き直していきます。予想を裏切る色、簡潔さ、流れるようなイメージ、これらを起点としてイメージを広げていきました。」

【デフォルトデスクトップ壁紙】

20091110win7chuck1120091110win7chuck1220091110win7chuck1320091110win7chuck1420091110win7chuck1520091110win7chuck16

(上のギャラリーの初めの5枚は制作過程の画)

ログイン画面には7というキーワードが。ログイン画面の葉の枚数7枚ですね。これ全くの偶然のようです。イースターエッグもちょっとしたアクシデントから産まれたといいいますし。デスクトップでもChuckさんとMicrosoftが完成イメージの左下に7本の線があると気づいてから、この7のアイディアを他にもいかすことに。7枚の葉、7本の枝、7枚の花びらがWindowのロゴに組み込まれています。

Microsoftは従来のアプローチではなく、この若きミックスメディアアーティストに依頼したことで、他では得られなかったフレッシュな新しい印象を獲得しました。これはChuckさんのデザインももちろんですが、Chuckさんに依頼する決断をしたMicrosoftにも拍手喝采です。

Appleのデザインの話もきいてみたいですね。OS Xシリーズの中でなぜSnow Leopardのパッケージがこんな劇的な変化をとげたのか、とか。

[NoPattern, Chuck's Twitter]

Dan Nosowitz(原文/そうこ)