Windows 7バーガー:米GIZMODO Jason記者の日本滞在記

2009.11.03 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20091102jasonwin7.jpg


チャレンジしたそうです!

バーガーキングのWindows 7バーガーにチャレンジに1人でチャレンジした人もいるのでしょうが、米GIZMODOのJason記者は一緒に日本に来てる奥さんと2人で食べたそうです。チャレンジ場所は東京・渋谷。さらに先週、PAKUTCH!でタワーバーガーも食べたそうです。好きなんだね、ハンバーガーが。

Win 7バーガーへのチャレンジは米GIZMODO読者のためだそう。さて、いかがでしたでしょうか? 以下Jason記者の感想です。


奥さんと2人がかりでチャレンジしたけど、完食はちょっと無理だった。お腹が減ってないとかそういう問題じゃなくて、とにかくもう味に我慢できなくなってしまったから。まず持つのも難しい。肉7枚分の肉汁たっぷりすったバンズとかそりゃもうびしゃびしゃだもん。

問題点がいくつかあるんだけど、とりあえず1つ目はチーズが入ってない! 2つ目は肉以外の具がなさすぎる! もしこれにトマト、レタス、タマネギとかが肉に見合う量はいってたらもっと美味しく食べられるのに。他の店はわからないけど、自分が食べた店ではレタスが1枚きりとトマトがちょろっと。それだけ。しんどい。

どんな味だと思う? いや、想像するの超簡単。バーガーキングのあの肉を7枚重ねるだけ。普通では絶対食べられない。米GIZMODO読者のためだ! さらに777円じゃなかった。1450円でした。高い! 777円だと思ってたからびびった。なんか安くなるにはルールがあるみたいだけどわからん。
(※どうやらJason記者、1日先着30名様には777円というのを知らなかったようです。)
ということで、ただ馬鹿らしいってだけじゃなくて値段もはるということ。


20091102jasonwin71.jpg


もうとにかく肉、肉、肉。前菜が肉で、サラダが肉で、スープが肉で、箸休めに肉で、メインに肉で、さらに飲み物も肉、というフルコース気分。デザートは? 肉です。わー!

続き、どぞ。
 

20091102jasonwin72.jpg


蛇みたいに丸呑みできないから、アイスクリーム風に横から食べる事に。横からナイフで切っていく。カバブの肉切る人っぽくね。もうとにかく肉。Adamが巨大チートス食べた時みたい。中身が多すぎて嫌になる。バランスがとれてないかんじ。オレオのクリームだけ量がすっごい増えて、クッキーは普通サイズな感じ。きついよ。

アメリカでこのWin 7バーガーを体験したい人がいたら、バーガーキング行ってワッパー注文して、さらに10ドルくらい多めにはらって肉6枚を追加してもらえばいい。しかも、あんまり美味しそうじゃないように追加してもらってください。

今のとこ東京に1週間くらい滞在してるけど、たいていの日本人は痩せてる。普段の食事のおかげだろうね。とすると、このWin 7バーガーはMicrosoftの日本人をアメリカサイズにして、アメリカ人を安心させるっていう作戦に違いない...


だそうです。

残念ながらJason記者、Win 7 バーガーとあまり楽しい時間は過ごせなかったみたいですね。でも日本の他の食べ物はおいしく食べてるみたいですよ。クジラのステーキを食べたとか。普通のステーキをちょっと固くした感じだけど美味しかった。だそうです。

日本に遊びにくる外国人、クジラにチャレンジしたい人多いみたいですね。あたしのお友達もチャレンジしました。さらに馬刺の話をすると、今のところチャレンジした人と馬を食べるなんてどうしても無理だという人、半々くらいですかね。馬を食べるなんて(しかも生)考えてもなかったみたいで驚きのよう。ちなみに、食べた人は全員「激うまい」って言ってたけど。

Jason記者、残りの滞在でジャパンフードもっと楽しんでくださいね!


Jason Chen(原文/そうこ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
・関連メディア