夢じゃないよね?OLPCの夢タブレット「XO-3」

夢じゃないよね?OLPCの夢タブレット「XO-3」 1

デュアルタッチスクリーン搭載「XO-2」も素晴らしいコンセプトでしたが、このOLPCの新タブレット「XO-3」の前にはタジタジでは?

全プラスティック加工で、液晶はマルチタッチ&バックライト付き。反射型表示の電子書籍モードもあるし、iPhoneの半分の厚さ、しかも価格は驚きの75ドル(6886円)!

091222_olpc_1_a091222_olpc_1_b091222_olpc_1_c091222_olpc_1_d


耐久性が高く、防水加工、薄型、マルチタッチ、背面にはカメラもついてて、コンピュータとeブックリーダーで使い分けが効くマルチ・スクリーン --そのくせたった75ドルなんて、まさに夢のタブレットですよね。

開発元FuseProject創業者Yves Beharさんは、スクリーンの縁を実質ゼロに近づけたいと話してます。このモックアップもボタンやキーボードはついてなくて、あるのはスクリーンと緑色のゴムのガスケットだけですよね。OLPCを総括するニコラス・ネグロポンテ(Nicholas Negroponte)MIT教授によると、発売は2012年が目標だそうですよ。

ただ、OLPCと言えば「XO-2」をボツにしたばかりでなく、今のラップトップ「XO-1」(当初の予定は100ドル)にもタッチ追加できなかった記憶があるので(少なくともデュアル・タッチスクリーンのアイディアはこれで諦めたってことになりますか)、触ってみたい気持ちは山々なんですけど、実現はどうかなーと思ってしまいます。

今回は少しアプローチを変えて、OLPCが端末を組み立てることは組み立てるんだけど、アーキテクチュアは公開し、どのPCメーカーさんでもプロジェクトを引き継げるようにするんだそうですよ?  ネグロポンテ教授はフォーブスに「必ずしもわれわれが作る必要はないんです。作るよう発破をかけるだけでいい」と語っています。また、エンガジェットには「XO-1.5は来年1月200ドル前後で発売、1.75は2011年初頭発売予定」で、2.0がなくて3.0だと話してます。

いっそ一跨ぎにXO-4が早く見たいです!

[Fuse Project, Forbes]

matt buchanan(原文/satomi)