電球の未来はどうなるか

2009.12.06 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ:LED

20091202lihtbulb.jpg


電球について米GIZMODOのBrian記者が熱烈メッセージ。

電気の交流をつかい遠く離れたところまで電力を送る、そんなことを考えだしてからもう約100年ほどがたちます。その間、白熱電球は広く使われてきました。そして現代、LEDの研究が多いになされ、普及し、昔ながらの白熱電球はエネルギーを食うのであまり好まれなくなってきています

NYTimes誌に白熱電球の電力消費の問題は家庭だけの話ではないというストーリーが掲載されています。ドイツのオスラム社が行った調査は、白熱電球の始まりから終わりまで、つまり生産から家庭での使用、そして廃棄までの全過程を考えた時に、一体どれくらいエネルギー消費に差があるのだろうかというもの。結果は、白熱電球は電球型蛍光灯やLEDランプの約5倍のエネルギーを消費するそうです。

LEDランプと白熱電球について、BoingboingのMaggie Koerth-Baker記者は「LEDは商業使用にはベストなライトであるが、家庭用に簡単に手にはいるホームセンターで20ドル(約2000円)くらいで売られているLEDは当てにならない」というLED照明に関するストーリーを書いています。何千時間も持つなんてパッケージに書いてあっても、20ドルくらいのLEDではちょっと無理らしいのです。(何千時間も持つのは高価なLEDである、故に商業向けで家庭向けではない。という話。)しかも、この何千時間も持つというのも20%減くらいのずれがあるんだとか。

するとエネルギー節約に役立つっていうのはどうなんだろう? オスラム社の調査結果にちょっと疑いをもってしまいますよね。実際の使用ではけっこうずれがあるのでは? ですが、今はとにかく調査結果を信じるとして、何を言おうがLEDライトがより効率的であるということには変わりないとおもいます。そしてより効率的で新しいものは古いものに取って代わっていくべきです。

続きどうぞ!
 

過去半世紀、私たちは電気がどこからくるのか知ろうと思わなくなったように感じます。ちょうど肉が食卓に並ぶまでにどんな過程を通ってくるのかを知ろうとしないのと同じように。チェルノブイリで原子力発電所の事故がおき、多大な被害を残したことなんて事考えながら電気に接している人は少ないですよね。

最近では電気自動車をよくみかけるようになりました。電気で走る車は、恐竜漬けの汁である石油を燃やして走る従来の車より効率的でかっこいい。そういう良いイメージがあります。

電気の使われる幅はますますひろがり台所にもより多く使われるようになりました。ガスコンロではなく電気コンロです。もし新しく家を建てるとしたらこの電気による効率化を考えると、火の方が良いなんてことは(BBQは別として。)言わない気がします。そうするとこの原始的な「火」っていうものに未来はないという事になるのでは。

こういうことは全て、人がどこまで自然を自分のモノにして飼いならしていくかという、人間(人間の作る技術) VS 自然という見方ができます。アナログ派 VS デジタル派という見方も。フィラメントによる白熱電球も例外なく、この人間 VS 自然の波にのまれ、よりエコだということで、他にとって変わられようとしている時期なのでしょうか。

でも待ってください。エネルギーの効率化やら人間 VS 自然と枝分かれに話してるうちに、昔ながらの電球がどれだけ美しいかということを忘れていませんか。この金属を通して光り輝く姿。電球を見つめた時に目にうつる黄みがかった光。何千本ものキャンドルに匹敵するような明るさ。なんて美しいんでしょう

...とは言ってみても、調査によるとLEDに取って代わられるんですよね。全ては効率化のために。


効率化が叫ばれたとしても、自分はまだLED電球には移行しません
電球の美しさはもちろん、白色LEDは「3色LED方式の白色発光は光自体は白く見えても自然光(太陽光)の白色光とはほど遠いため、それで照らされた物の色合いは太陽光の場合と異なってくる」(wikipedia)という欠点があるそうです。これを考えるとこのちょっと異なる光の環境で、読書したり、恋人といちゃついたり、お風呂入ったり、友達とわいわいしたり、晩ご飯たべたり、音楽きいたり、犬とじゃれたり、そんな生活はちょっと嫌だと思ってしまうからです。

昨今のLEDブームによて、36ヶ月ごとにLEDはより明るくより効率的になってきています。とりあえず、明るさなんて今はおいといて、調査もひとまずおいといて、どうやったら私たちの夜をより自然に照らせるLED電球を作れるかということに専念して欲しいです。

そんなの無駄だと思う人もるかもしれませんが、この自然な光ってとても大切だし意味があると思うんです。


Brian Lam(原文/そうこ)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4396110405
ロウソクと蛍光灯―照明の発達からさぐる快適性 (祥伝社新書) (新書)




 

特別企画

お財布なしでもコーヒーが飲める。スターバックス×FeliCa、モバイルペイメントの時代へ

PR

支払いのスタイルが変わろうとしているのかもしれません。 財布から紙幣や硬貨を取り出して代金を払う。当たり前の支払い方法です。しかし今、この従来の支払いとはまた違った、新しい支払い方法に注目が集まって...
続きを読む»