グーグル検索が薄気味悪いぐらい自分色に(動画)

「あれ? なんかやけに自分にピッタンコな検索結果...」

今度グーグル使ってゾワッときたら、それは気のせいではありません。グーグルのパーソナライズド検索の仕業ですよ。

グーグルはこれまでもGoogleアカウントにログインしたユーザーを対象に、ウェブ履歴や検索履歴をベースに自分色な検索結果を表示する「パーソナライズド検索」を提供してきました。が、この機能が今月から一気に拡張。世界40ヶ国語以上のログインしてない人でも全員使えるようになったんです

検索すると自分が使ったキーワードを推測したり、自分がよくクリックするページが上にきたり、従来よりぐんと自分の好みに寄り添った検索結果が出ます、いやホントにホント。もちろん履歴に合わせたターゲット広告も出ますけどね。

「ログインも抜きで、いったいどうやって過去の検索を追跡するのさ?」-みんなのコンピュータに匿名Cookieを置き、そこに過去180日間の履歴を保存して追跡するんです。180日間というと半年ですね。Google Accountとウェブ履歴とは別物みたいですよ?

因みに、グーグルがみんなの検索を追跡し出したのは今に始まったことではありません。単に前よりダイレクトにデータを利用し始めたというだけのことなので、ご安心を。

「余計に安心できないじゃないか。どうしたらクッキー外せるのだ?」-外し方はこちら。がんばってね。

これ読んで「そういえば最近なんだか...」と心当たりある人いますでしょ? ひとつスッキリしましたね。

[Google via Bits]

matt buchanan(原文/satomi)