戦慄!ノルウェー上空に青い光の巨大渦巻き出現。原因はミサイル誤発射?(動画)

戦慄!ノルウェー上空に青い光の巨大渦巻き出現。原因はミサイル誤発射?(動画) 1

LHCのブラックホール? 宇宙の穴? 世界の終わり!?

水曜朝ノルウェー上空に忽然と現れたこの不気味な青い光の巨大渦巻きが世界をパニックに陥れています

国内TV局NKRには市民が携帯で撮った写真と映像、問い合わせの電話が全国から殺到! ニュースは海外のお茶の間にも瞬く間に広がり、専門家は解説ビデオをYouTubeに発表して騒ぎの収拾に躍起です。これって一体なんなんでしょうね? 

まずは、証言からおさらい。ハースダット(Harstad)在住Nick Banburyさんは目撃したときの状況をこう語ってます。

ここ北極圏ノルウェーではオーロラはしょっちゅう見えるので慣れっこなんだけど、今朝仕事に向かう途中に見えたのは全く予想外のものでした。あれは現地時間の7:50~8:00 a.m.のことでした。上空に奇妙な光が見えたんです。最初はオーロラ色によく似た緑の光線が現れて、片端がぐるぐる旋回してたんですね。やがて渦巻きがみるみる大きくなって、空に巨大なハロ(後光、光輪)ができたんです。そこから緑の光線が地上まで伸びていました。

以下は録画です。ブレまくりで何が何やらサッパリですが、それが余計に怖かったりします...。

そしてこちらは全国各地から寄せられた夥しい数の写真...。

091209_fenomen_over_borras_a091209_fenomen_over_borras_b091209_fenomen_over_borras_c091209_fenomen_over_borras_d091209_fenomen_over_borras_e091209_fenomen_over_borras_f091209_fenomen_over_borras_g091209_fenomen_over_borras_h091209_fenomen_over_borras_i091209_fenomen_over_borras_j

う~ん...きっと人類はこうして世界が終わる最後の瞬間までカメラ回し続けるんでしょうねぇ...。さて、以下は専門家が用意した解説状況のシミュレーション動画です。

 

なるほど、燃料切れになったロケットが制御不能となって旋回しながら落ちてくる様子がわかりますね。うーん、言われてみれば、その通りかも。

ノルウェーの天文学者Knut Jørgen Røed Ødegaardさんは「制御不能になったロケットと見て99.9%大丈夫だろう」と話してるし、一部の新聞・TV局はロシア軍内部の複数ソースから得た話として、「白海の原子力潜水艦から打ち上げた多弾頭ミサイルBulavaが失敗に終わった跡に間違いない」という談話を紹介してますよ。

ロシア海軍はミサイル発射失敗の可能性は否定してるのですが、ノルウェー防衛庁によると、この巨大渦巻きが空に現れる前にロシア海軍から発射テスト実施の事前警告があったそうですよ? 発射したことはしたみたいですね。

「ミサイルでこんなものができるの?」と、まだ納得いかれないみなさまのために、爆走したミサイルが明け方の空に残した痕跡が風に吹かれてる場面の写真と並べて2枚どうぞ。

091209_missiletrail_a091209_missiletrail_b

というわけで宇宙人は無関係のようですね、うん

[Altaposten, VG, NRK via SpaceWeather via Universe Today--thanks Gonzalo Oxenford, Jon Trygve and everyone who wrote]

Jesus Diaz(原文1原文2/satomi)