フォースで物を操る!? ジェダイの戦士みたいなロボット(動画)

           

フォースですよ! フォース。

ビデオを観て、このロボットってジェダイだ! って思っちゃいました。どんな種類のオブジェクトも、空中に浮かばせて、複雑な経路で目的地に命中させるんですから。実は僕、10回以上このビデオを観ちゃったんですけど、いまだ自分が観ているものが本当って信じられません。でも100%リアルなんですBig Dogを観た時と同じぐらいインパクトありました。

Airbotは、当たり前だけどマジックを使ってるわけじゃなく、コンピューターでコントロールされている空気ジェット。直流モーターのバルブを使い620kPaで動いているんだそうです。って、これが既に僕にはマジックみたいに思えちゃうんですけど...。

ちなみに、これはアメリカのイリノイ大学のAaron BeckerさんとRobert SandheinrichさんがTimothy Bretl教授に手伝ってもらいながら開発したもの。この気流は、球体のものでも、球体じゃない形のものでも重さなら188グラム、半径なら97mmまでのものなら、なんでも浮かせる事ができちゃうんです。たとえば、卓球のボール、瓶入りの水、リンゴ、オレンジ、玉ねぎもOK、もちろん皮を剥いてあっても問題ナシ!

エイプリルフールのネタみたいですけど、正式にIROS 2009やThe 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent RObots and Systemsで発表されているんですから、本物です。彼らの研究論文によると、ゆくゆくは小さいパーツを分類したり、製造ラインでデリケートな処理する時に使えるんじゃないか? と考えられているそうです。

[University of Illinois via IEEE via BotJunkie]

-Jesus Diaz(原文/junjun )