東京理科大からリアルアイアンマンが誕生する日はそう遠くない、かも(動画あり)

東京理科大からリアルアイアンマンが誕生する日はそう遠くない、かも(動画あり) 1

IREX 2009東京理科大小林研究室マッスルスーツを展示していました。

この装着するマッスルスーツ、介護用途や肉体労働の現場で働く方の負担を減らしサポートするためにと開発されたもの。

2パターンありまして1つめは上半身の強化。

動画のように、オフ状態では30kgを抱えるのがやっとでも、オンにすると軽々と50kgいけます。もう1つは背中の下部分を強化・サポートし、重いものを持ち上げるのに役立ちます。

2010年前半の完成をめざしているそうです。

ただこれみてると、もっともっとパワーが増したらスーパーヒーローみたいになれるのでは、とわくわくします。車をおりゃーって持ち上げて、お嬢さんを助けたりできるのでは。

サイボーグ・ライフですねぇ。

テクノロジーの力と理系メガネ男子が同時に楽しめる動画、どぞ!

[CrunchGear, Network World]

Brian Barrett(原文/そうこ)