サムスンのミラーレスデジカメの姿が明らかに!

サムスンのミラーレスデジカメの姿が明らかに! 1

出るぞ出るぞと、以前から噂になっていたサムスンミラーレスデジカメNX10」の写真が公開されていました。

カテゴリとしては、オリンパスのEP-2、パナソニックのGF1といった、マイクロフォーサーズのレンズ交換式デジタル一眼カメラと同じです。

ただし、NX10はAPS-Cサイズ1460万画素の撮像素子を搭載。マウントはNXマウントのようです。

サムスンのミラーレスデジカメの姿が明らかに! 2

上から見た図です。結構薄いですね。

APS-Cのミラーレスというのは、もう実現間近なんだなと思いました。となると、キヤノンニコンも出してくる可能性もあるわけで。マイクロフォーサーズ陣営もうかうかしていられませんね。でもまあ、日本では発売されないと思うんで、直接的にはダメージはないのかも。

ただ、撮像素子のサイズが小さいがゆえに、小型化がしやすいというメリットがあるマイクロフォーサーズですけど、APS-Cサイズの撮像素子を載せたミラーレスカメラが小さいボディで出てくると、そのメリットも薄れてきます。結構このNX10は、これからのレンズ交換式デジタルカメラのひとつの分岐点になるかもしれませんよ。

matt buchanan(原文/三浦一紀)