ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 1

皆様いかがお過ごしでしょうか。

まあまだ、おぎゃあと産声を上げたばかりの存在。「USB2.0より10倍以上速いよ!」な理論値に迫る機器はないのでしょうけど、実際にどれくらいの直線番長っぷりを発揮してくれるのか。バッファローのIFC-PCIE2U3(PCI-E対応インターフェースボード)とHD-H1.0TU3(1TBハードディスク)で試してみました。

まずはHD-H1.0TU3を、パソコン内蔵のUSB2.0ポートに繋いだときのテスト結果からどうぞ。

 

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 2

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 3

上がHD-H1.0TU3、下が裸族のお立ち台DJ+WD製HDD(USB2.0)の結果です。ランダムアクセススピードの差が大きいですが、これは裸族のお立ち台DJ+WD製HDDのポテンシャルが低いせい、かと。

次に、USB2.0ケーブルを使ってIFC-PCIE2U3と接続してみました。

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 4

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 5

同じく上がHD-H1.0TU3、下が裸族のお立ち台DJ+WD製HDD。順調です。セカンドギアに入りました。USB2.0ケーブルの転送速度はまだ先が見込めた、といってもいいのでしょう。

最期にIFC-PCIE2U3とHD-H1.0TU3をUSB3.0ケーブルで接続したときのスコアを。コネクタ形状からUSB2.0機器には繋げられないため、1台のみ計測しました。

ところで速い、速いとウワサのUSB3.0様ですが 6

USB2.0コネクタ接続時と比べてシーケンシャルアクセスで約4倍ランダムアクセスで2~3倍ほど速くはなりましたが、劇的ってほどではない、の、かな?

またキャッシュのようなちっこいファイルの読み書き速度はほぼ変わらず。このあたりがHDDの限界なんでしょうか?

でも速くなるのはいいことです。そうそう毎日、秋田犬フォルダと北海道犬フォルダのようなGB級のデータをあっちこっちに動かすことはないんですけど、速くなるのはいいことです。RAWデータ派ならインターフェース代を払っても、今からUSB3.0との蜜月を過ごしたほうが幸せになれるでしょうね。

この先は、スピードスターなSSDを持っている方々の結果発表を待ちましょうか。

(武者良太)