[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 1

思えばあれから10年が経ってしまいました。

10年前の1999年12月SE業界はてんやわんや、私も自分が担当しているVRML仮想空間サーバーが落ちないかと24時間態勢で見守ったことを遠い目をしながら思い出しました。ということで、この後一昔前の超最先端技術を一挙ご紹介。

 

1996年 VRML

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 2

ソニーが開発したマルチユーザー対応 VRML2.0ブラウザー Community Place Browser。3Dの世界を自由に歩き回るのはもちろんの事、さらには動画や音声、アニメーションも再現できる拡張機能も備えています。

そしてさらに マルチユーザーを実現するサーバー Community Place Bureau により、現実で人と出会うように、バーチャルワールドで人に出会うことを可能としました。

ソニーパビリオンではこのブラウザーを使ってさまざまな3Dコンテンツを楽しむことができるのです。たとえば3Dの街やお店をぶらついたり、新しい商品のバーチャル体験をしたりです。さらにそれについて人とお話をしたり、情報交換をしたりできます。

今までこんなことができたでしょうか?

ソニーパビリオン

VRMLとは、Web上で3Dを扱えるようにする規格。SGIやソニーが力を入れて規格化し、実際に3次元仮想空間を作ってサービスを運営していました。VRML自体はその後変遷をたどりX3Dとして残っていますが、一般化したとはいえませんね。

Second LifeはこのVRMLの再来かと思ったんですけど、まだまだ3D仮想空間が一般化するには時間がいる模様。

1998年 ポイントキャスト

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 3

ポイントキャスト株式会社は16日、「ポイントキャスト ネットワーク 日本版 2.0」の正式版の無償配布を開始した。同社のホームページや窓の杜などからダウンロードできる。

正式版になり、本誌記事の一部が読める「Watchニュースチャンネル」が追加された。このほか、朝日新聞チャンネルに長野五輪特集が期間限定で開設、ライフスタイルチャンネルにテレビ番組情報が追加されるなどしている。

Internet Watch

ポイントキャストとはニュースなどをリアルタイム配信するサービスとインフラ。ポイントキャスト自体はサービスを停止しましたが、実はその発想は今も生きてます。RSSなどフィードの概念はここからはじまり、フィードはブログやTwitterでも一般的に使われています。フィード自体をビジネス化するのは今も昔も難しいということでしょうか。

1999年 テガッキー

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 4

当社は、ペンによる文字やイラストの手書き入力が可能な「文字電話」専用端末「TEGACKY(テガッキー)PM−T101」を99年2月18日から発売します。

 「文字電話」は、DDIポケット電話グループが2月より開始する、テキスト文字や手書文字、図形などの送受信を目的とした特定通信限定利用サービスで、新製品はこのサービスに業界で始めて対応しています。

東芝

次世代電話手書き文字そのもの、だったんでしょうか。手書き文字に対応したメール専用端末ですが、今もってこれを越えるガジェットはまだ出てません。もちろん必要性がなかったからというツッコミはアリですが、最近だと近い概念なのは「うごメモはてな」なんでしょうかね。

1999年 2000年問題

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 5

直接の原因は、プログラム内で日を扱う際の年数の表現方法である。年数の表現をグレゴリオ暦の下二桁のみで行っている場合、2000年が内部で00年となり、これを1900年とみなしてしまい、例えば「データベースを日付順に並び替える処理をすると、順序が狂う」などの誤作動につながる可能性があるとされた。

Wikipedia]

まあ実際に問題があったんですけど、一番の問題はどのプログラムが問題を抱えているかどうかがわからない点。そのために実際に2000年を迎えるまで何が起きるかわからず、みんな小パニック状態になり飛行機に乗らない、銀行のATMで記帳するなど対策してました。一説には原子力発電所が暴走するなど大被害があると予想されたのですが、事前のパッチ配布が効を奏したのか大きな問題はありませんでした。ただ一番残念だったのはノストラダムスの大予言が外れてしまったことでしょうか。

2000年 モーニング娘。のパノラマ動画

[温故知新]憶えていますか? Y2K問題と昔の最先端技術 6

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) は、アイドルグループ"モーニング娘。"をフィーチャーしたプレイステーション2用ミュージック・ビジュアルソフト「スペースヴィーナス」を2001年1 月11日に5,800円で発売する。モーニング娘。のライブ映像の他、独自に収録された数多くの映像で各メンバーの魅力に迫っている。

今回収録されたコンテンツで特に注目されるのは、8台のカメラを使い360度全方位を同時に撮影したMPEG-2映像。この8画面分の映像を繋がりが不自然にならないように1ファイルに結合し、SMEが開発した独自のMPEG-2データにオーサリング。TV上で表示されている画像は1画面分だが、常に8画面分の巨大なMPEG-2データが一度に再生されていることになる。ユーザーはリアルタイムな操作で、QuickTime VRのように360度グルッと見渡すことが可能。また、画像の一部をズームアップすることもできる。

Internet Watch

モーニング娘。をフィーチャーしてっていうのが時代を反映してますよね。QuickTime VR動画版と考えれば分りやすいのですが、3D、立体視、パノラマとかって必ず挑戦される分野でありつつ、一般化しないですねえ。私は大好きなので必ずや時代が追いついて欲しいです。

その他にもMDデータスキャナを合体させたDATA EATAや、WWW以前に世界を席巻したGopherなどありましたね。今思えば牧歌的な時代です。

この他、懐かしい最新技術があれば、是非教えて下さい。温故知新、2010年代の新技術の到来を楽しみにしましょう。

[原子力発電所写真:WIRED VISION

(野間恒毅)