バルマー、Zuneを「はじめて作ったスープのようだ」と評(インタビュー)

先日、マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEO独占インタビューを行いました。3回に分けて紹介します。

-----

第3回はZune HDについて。バルマーはZuneについて、「はじめて作ったスープみたいなもんだ」と言っています。

それはつまり...最初のZuneは失敗ってことなんですかね? だから降って湧いたかのようにZune HDが出てきたんですかね? 今後も出てくるんですかね?

一問一答は以下のとおり。

Q:Zune HDは突然降ってわいて出た感じだったので、かなり驚きました。何か社内にハッパをかけた感じですか?

A:まあ、新製品とかはいつでもあるわけで...初めてスープをつくったときに作れる人もいれば、2回目になんとか成功する人もいるわけで。やればやるほど良くなるのは普通のことだよね。今は精鋭をZuneに集めて、時間も与えて、忍耐強く育てている。それでZune HDみたいな良い製品ができたわけで。

Q:試行錯誤の時間が必要ってことですかね。

A:何回もやるほど、よくなるってことで。

Wilson Rothman(miho)