3Dゲームクリエイターも注目? 建物写真がポリゴンに変身(動画)

出来上がった動画がサイバーパンクでいい感じです。

こちらは数十枚の建物写真を処理、3Dモデル再構成する研究成果。ワシントン大学Yasutaka Furukawaさんらによるよるもので、特徴は複数のカメラを使いステレオ写真を撮影、特徴点の座標を抽出し3Dモデルを生成、最後にテクスチャマッピングして3Dビューワーで自由自在に見ることができます。

ちなみに処理時間は画像22枚で約90分、492枚で100時間程度とかなり処理が重そうです。どれほどのコンピュータを使っているかは不明ですが、こういう時はスーパーコンピュータが欲しいですね。

interior via 静止画から自動的にウォークスルー可能な3D空間を生成する技術 ...

(野間恒毅)