ん? ドア全開で飛ぶボーイング747改造機「SOFIA」(動画あり)

ん? ドア全開で飛ぶボーイング747改造機「SOFIA」(動画あり) 1

空飛ぶ天文台「SOFIA(Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy:遠赤外線天文学成層圏天文台)」です。

ソフィア・ローレンみたいな胸の谷間こそないけれど、SOFIAは高さ4.6m×幅4.3mのドアが開いて、そこから2.5mの赤外線望遠鏡がポロンと見えるんですよ。

こんなドアおっ広げで飛べるの!?」-そこがエンジニアの腕の見せどころ。ボーイング747改造機SOFIAは5億ドル以上を投じ、20年間に渡るエンジニアリングの成果なのです。

先月ついに組み立て後初のテスト飛行に挑戦しました。映像はここ。上空1万5000フィート(4572m)を時速415kmのスピードで飛びながら、14日には10%、18日には10%、40%、70%、100%までドアを開けました。

ドア開放は2分程度ですけど、テストは大成功。今年は望遠鏡本体のテストに移る予定です。

機内の映像もどうぞ。

 機内の映像(2008年秋公開);

今年3月の映像;


「最高4万5000フィート(1万3716m)まで飛べる」(代表)とのこと。成功の暁にはどんな宇宙を見せてくれるんでしょうね?

 

NASA - SOFIA [Flight Global]

Jesus Diaz(原文1原文2/satomi)