[ #iPad ]ネットブックもノートPCも死んだ! まさにPCライクなiPadの魅力を徹底解説

011028appletablet2.jpg

 

デスクトップPC以外は死んじゃうのかもしれない...

アップルが満を持してリリースしてきた話題のタブレット「iPad」は、電子ブックリーダーとしての魅力マルチタッチペイントでアートなエクスペリエンス、さらにはゲームやマルチメディアプレイヤーとしての完成度などなどが謳われちゃってますけど、実のところは、アップルがノートPCライフの未来を大変革すべく送り出した恐るべき端末なんでしょうね。

「実に多くの観点で、iPadは、我々がやっていきたい未来を映し出す存在だ。そう、我々がアップルとして次に何をしていきたいのかを...」

こう渋く語る、アップルで優秀なるデザインチームの最強軍団を率いるジョナサン・アイブ氏ですが、では、正直に辛口評価にて、ノートPCとしてiPadをタフに活用できちゃうものなんでしょうか? えっ、もう、本当にネットブックもノートPCも不要になるって?

そうなんです、これはアップルが世のPCユーザーに突きつけた挑戦状! もうiPadだけで、PCなんてオサラバなのさ。さらば、Windowsよ...

ではでは、続きにPCユーザーとしてのiPadの魅力をザックリとまとめ解説してみましたので、いざ固定観念を打ち破るアップルの主張に目を通してみてくださいな。

  

011028appletablet3.jpg

 

まずは超サクサクに日本語入力もオッケーなiPadの使用感なんですけど、ソフトキーボードなんてダメだよねっていう、なんとなくこれまでの常識を覆してくれそうな予感がしてますよ。アップルは本気でスマートフォンを超えてソフトキーボードで攻めてくるんだなっていう気合いが伝わってきましたね。

そもそもこのハードウェアキーボードなんて使わずに利用するスタイルが、なんともセクシーでカッチョいいではありませんか...。きっと慣れればタッチタイプだってできるようになるんじゃないかな?

 

011028appletablet4.jpg

 

どんなに世のiPhoneユーザーからリクエストが届いても、これまで決してiPhoneでは認めようとしなかった様々なコンセプトを、あっさりとiPadでは許可しちゃったのも驚きですよね。まさかBluetoothキーボードが使えるようになるとはねぇ。おまけにこんなキーボードアクセサリーまで用意されちゃうんですよ。一瞬、アップルが別の物分りのよい企業に変身しちゃったのかって我が目を疑っちゃいましたよ...

 

011028appletablet5.jpg

 

えっ、iPadで仕事すんの? そんな疑問をよそに、堂々と今回の発表プレゼンテーションで、バリバリとiPadをオフィスソフト対応にしちゃう「iWork 2010」なんて投入しちゃいました。とりわけ、出先でiPadをヒョヒョイと取り出して、ササッとPowerPointとかで作っておいたスライドショーのプレゼンなんて見せちゃったら、もう決まりまくりですよね!

 

011028appletablet6.jpg

 

タブレットの販売価格帯は1000ドルでしょうって予想は大外れ~。いや、もうその半額以下じゃないっすか! 使いようによっちゃ、なんとかPCにもなっちゃうiPadが、連続10時間のバッテリ駆動性能を誇りつつ、日本円にして5万円を切る価格帯で発売されちゃったりすれば、これは一気に大フィーバーも間違いなしじゃないでしょうかね...

もはやいい加減な安かろう、悪かろうなネットブックは消えるしかないでしょう。フォトショで写真を加工して、ドシドシ動画も編集して...みたいなマルチタスクしまくりヘビーユーザー以外は、もうこのiPadだけで十分ですよってメッセージが、アップルから堂々と出されたと考えていいんでしょうかね。

おまけにどうしても電話機として使いたい人のためには、マイクもスピーカーもあるので、VoIPでビッグなiPhoneとして音声通話だってできちゃう可能性も残されてますよ。まぁ、そもそもiPhoneを電話機メインで使ってる人のほうが少ないような気もしますけどねん。ただし、とにかく安い3G通信プランがセットで用意されてることも考えると、イーモバとセットで100円ネットブックなんて買っちゃうよりは、よっぽどお得になっちゃうようにも思いますねぇ。

 

011028appletablet7.jpg

 

もちろん、これからもノートPCは末永く世の中で販売されていくことでしょう。iPadをパソコンとして本格利用するのは非現実的であることくらいは百も承知ですよ。ソフトキーボードのタッチだけで、長文のドキュメント原稿を用意したり、スプレッドシートを打ち込んではグラフを作成したり、とてもじゃないけど苦痛すぎですね。時間だって、絶対にハードウェアキーボードのタッチタイピングよりも短縮にはならなさそうです。おまけに真面目に仕事してても、あまりにも利用スタイルがカジュアルすぎて、なんかサボってるようにしか見えないかもしれませんから...

でも、このあらゆるマイナス面を補ってでも、アップルがネットブックならびにノートPC業界に投げかけた挑戦状は、非常に意味深いような気がしていますね。

「ヘビーでコアなPCユーザー以外には、もうiPadだけがあったら十分なのさ」

今後のアプリの充実度合いによっちゃ、本当にハイエンドPC以外はiPadで事足りちゃう時代だってやってくるのかもしれません。これでは「Chrome OS」搭載ネットブックもウカウカとはしてられませんね。

 

Joel Johnson(原文/湯木進悟)