iPadのソフトキーボード、どうなのよ?

100129_ipadkeyboard.jpg

何かと賛否両論噴出しておりますが...。

発表前夜、iPadに関してはさまざまな噂が飛び交いました。たとえばタイピングに関しても、常識を覆すタイピング方法を想像した方がたくさんいたことと思います。

そのときは、10インチのタブレットにただソフトキーボードが表示されるというだけでは、なんというか、イマイチだと思われていました。が、ふたを開けてみれば明らかなように、アップルはそうは思っていなかったようです。

上の左側の画像は、iPad発表前に想像してたモックアップのひとつです。この、iPhoneのキーボードを拡大したような画面の意味は「iPhoneをそのまま大きくしちゃったら、タイプしづらいよ」ってことであって、これがオススメということではありませんでした。右側の画像が、実際のiPadです。

実際使ってみた感想を以下に引用します。

縦持ちのときは思ったより悪くないけど、普通の手のサイズにはやっぱりちょっと大きすぎてタイプしにくい。たとえばF、G、Hみたいな、キーボードの真ん中寄りにあるキーは、人によっては相当がんばらないと無理。じゃあ、iPadをテーブルの上に置いて横向きにしてタイプすればどうかというと、これにも問題がある。iPadの背面は完全にフラットじゃなく、ぐらぐらして安定しないのでこれまた打ちにくい。

コンテンツを見たり聞いたりするだけが目的の端末なら、タイプしづらいのもまあしょうがないか、と思えるかもしれません。でも、iPadでは独自バージョンのiWorkが使える...ということは、タイピングは楽ちんでないと。まあ、そんなわけで、巨大キーボードドックがアクセサリーとして必要、ということでしょうか。

John Herrman(原文/miho)