オフィスでLEGO鉄砲を組み立ててると、急行したSWAT隊員に拘束されちゃいました...

オフィスでLEGO鉄砲を組み立ててると、急行したSWAT隊員に拘束されちゃいました... 1

お騒がせな年末年始はヤメテね...

あまりにも精巧な造りだったのが災いしたようです。レゴブロックで組み立てるのは、せいぜい本物仕様のビデオカメラ止まりくらいがいいかもしれませんねぇ。だって、もういきなり部屋の周りを警察特殊部隊なんかに囲まれちゃって、拘束されちゃったりしたらたまりませんから!

「仕事が終わってから、まぁ、かなり夜中まで時間はかかっちゃいましたけど、LEGOでも本物そっくりのピストルを居残って作ってたんですよね。やっとの思いで完成し、さぁ、ぼちぼち帰ろうかって時に、いきなり窓の外にはパトカーやら救急車やらが大忙しで駆けつけて、何の騒ぎかなぁと思ったら、ドアを激しくノックする音がして、開けてみれば、いきなり迷彩服に身を包んだ男性に銃を突きつけられ、手を上げろ! おとなしくしないと撃つぞって恫喝されちゃったんですよね...」

そうカナダはトロントのオフィスでの騒動を振りかえる、日頃は真面目な社員のベルさんは、笑いながら語ってくれましたけど、それはもう、その時は生きた心地がしなかったんだそうです。どうやら闇に紛れて武器を組み立てるテロリストと窓越しに見間違われ、ピストル製作風景を撮影して通報した人がいたようで、SWATまで出動する大事件となってしまったのでした。

いやいや、それにしても、普段は何をしてるのか不明な点も多いSWATですけど、今回のお騒がせ事件で、たとえ何か本当に大事件が起きたとしても安心できるよねって笑い話くらいで済んでよかったですね。

[CTV via Geekologie, Jeremy Bell]

Chris Jacob(原文/湯木進悟)