グーグルフォン「Nexus One」ハンズオン(動画あり)

明日5日(米時間)、いよいよグーグルがAndroidに関する記者説明会を開きますね!

先月末、社内の人に内密に会ってNexus Oneに触ってきましたけど、これってグーグルがモトローラから出したDroidのキラーになる携帯ですね。薄いし、あらゆる面でベターです。

リーク画像UIウォークスルー、上の動画で主な機能は大体分かると思う(警告: 2分前後で職場閲覧不向きな映像が出てきます。お近くに上司がいる方は早送りしてください)ので、ここではDroidとiPhone 3GSと比べてどうか、使ってみた感想をまとめておきますね。

手に持った感触

091223NexusOne_a

Nexus Oneの方がiPhone 3GSより若干薄め&若干軽量。ハードの仕様は不詳ですが、背面はiPhoneのみたいなチープなプラスティックっぽいんじゃなく、ちょっとゴム素材みたいな手触りです。iPhoneのようなツルツルじゃないけど、Droidみたいなゴムでもなく、その中間という感じ。

デザインはDroidの正反対。Droidはスクエアで尖ってる印象ですが、Nexus Oneは滑らかで丸みを帯びてて軽いです。 手のひらに持つと長く、シルクみたいにすべすべしてて、ナチュラルです。-- iPhone 3GSと比べてもそうでした。

ボトムにはゴールドのコンタクトが3つ。これは将来ドックを置くようデザインされてる(変更の可能性あり?)ようですが、今のところ携帯用の周辺機器というのは特になく、microUSBを差し込んで繋ぐかたちになってます。

スクリーンは超すばらしい

 

091223NexusOne_b

Droidとサイズと解像度は一緒ですが、スクリーンはNexus Oneの方がベターです。カラーはずっと鮮明で、黒はもっと深い黒。横に並べてサイトやゲームをいろいろ呼び出して比べると違いは歴然でしたよ。 N1(Nexus One)で見るペレズ・ヒルトン(ゴシップブロガー)のピンク、Gizmodoのブルーは飛び出てくるようで、スクリーンに定評のあるDroidも色あせて見えます。iPhone 3GSを比べても同じ。

とにかく他の2機種より断然明るいんですよね。僕らがこれまで見たスマートフォンのスクリーンでは最高かもしれません、たぶん。

なぜこんなに高速?

Nexus OneはDroidより格段に高速です。特に圧倒的なスピード差が出るのは、ウェブページの読み込みですが、スクロールして回ったり、アプリを起動したり、OSを動かすスピードでもN1の脳の回転の速さが分かります。スペックは分からないですけど、1GHzのプロセッサが入ってるやに聞いています。だとするとモトローラ最新携帯の550MHz Arm A8より何歩も先いっちゃってますからね。

Wi-Fi接続経由で3機種のウェブ読み取りスピードを比べてみたら、1着はNexus One、2着は数秒遅れてiPhone 3GS、僅差でDroidという順でした。どのページで比べてみても結果は一緒だったので、ハードの内部で何かが起こってると見て間違いなさそうです。

Javascriptのベンチマークもやってみました。Nexus OneとiPhone 3GSは似たり寄ったりの結果ですが、Droidは以上2モデルの60%という結果。驚いたのは、iPhoneのMobile SafariがNexusよりJavascriptのベンチ結果がいいことです。実際ウェブページを呼び出してレンダリングするスピードはNexusの方が速いんですけどね。

壁紙が動画!

Nexus Oneは壁紙がアニメーションの動画だという話はもうお聞き及びかと思いますが、あれって単なるアニメーションじゃなく、使う人がインタラクトできるアニメーションなんですよ。

091223NexusOne_c

デフォルトは上の写真みたいなスクエアの8-bitライクな背景なんですが、この空欄のどっかをタップすると、そこから外側にドットが広がっていくんです、面白いですねー(バッテリー食いだけど)。 「水」の背景も同じで、ブロックの代わりに波紋が広がる趣向になってます。

あと面白いのは2つのバーチャル・サウンド・メーター。 これは携帯で現在聴いてる曲のビジュアライザーになります。赤い針のアナログと、よくあるデジタルの2通り。これだけでも面白いんですけど、このインタラクティブな背景はAPIさえ分かればアプリでも使えるというところがミソですね。

その他

5MPのカメラは秀逸で、フラッシュも携帯のフラッシュとしては充分です。まあ、グーグル社員が撮影してウェブにアップロードした写真を見ると、そんな滅茶苦茶素晴らしいってほどじゃないんですけどね。オートフォーカス付き。これは携帯のトラックボールでアクティベートできます。iPhone 3GSみたいな「タップ・トゥ・フォーカス(触ったところに焦点が合う)」機能はナシ。

ブラウザや地図はマルチタッチ抜きですが、これは技術というより法的配慮から制限かけてるだけでしょう。 Android携帯にはハード的にマルチタッチ対応にできる製品が多いので。

スピーカー越しの楽曲再生は手堅い音ですが、これまた素晴らしいっていうほどじゃないです。今やスマートフォンはみんなドック付きですし、長く聴くならドックは絶対必要ですよねー。

通話は、履歴で使ったのがバレると困るので使いませんでした。使ってみた人から聞いた話では通話端末としては良好で、SMS/MMSも他のAndroid携帯みたいに普通に使えるみたいですよ。

これが意味するところは?

正式なグーグルフォンとして発売になれば、現状これが最高のAndroidフォンということになりますね。物理的キーボードこそついてないけど、どのタスクを投げ込んでもDroidよりベターです。N1のスクリーンキーボードはDroidほど目が詰まってないし、プロセッサももっと高速なので入力した通り正確に拾ってくれます。Droidには気の毒ですけど、Android欲しい人はコレですね...。

動画ソース:nowhereelse.fr

Jason Chen(原文1原文2/satomi)