音速の壁を越える男、宇宙の端から飛ぶ(動画あり)

音速の壁を越える男、宇宙の端から飛ぶ(動画あり) 1

宇宙飛行士...ではありません。

彼はフェリックス・バウムガートナーさん、気象観測気球に乗って、宇宙空間と地球気圏の境界に近い地上約37kmからのジャンプに挑戦しようとしているのです。

これまでに、これほど宇宙空間に近い地点から飛び降りたことがある人は、米国空軍大尉のジョー・キッティンガーさんしかいません。キッティンガーさんは1960年の8月16日、気球エクセルシオIIIに乗り、高度約31kmから飛び降りました。

しかし、バウムガートナーさんに比べ、当時のキッティンガーさんの装備はかなりの軽装でした...なんと降下中に右手の手袋が裂け、手が2倍の大きさに膨れ上がるほどの激痛に耐えたということです。そんなこと、自分には絶対にできません...。

音速の壁を越える男、宇宙の端から飛ぶ(動画あり) 2

さいわい、バウムガートナーさんにはこのような事態は起こらなそうです。彼はレッドブルの「ストラトス・ミッション」の一環として2010年中に飛ぶ予定で、その前には低高度から何回か試験降下を実施するとのこと。また、キッティンガーさんが地上管制から支援し、さらにミッションチームが、超音速で降下するバウムガートナーさんの位置・体勢を監視する予定です。

以下、予告編動画です...!

 

どうかお気をつけて!

Jesus Diaz(原文/miho)