4脚ロボット「BigDog」いよいよ出陣か!?

20100207bigdog.jpg

         

僕は未だに、BigDogを見る度にビビります。

覚えてます?戦場で物を運搬するために開発された4脚ロボットBigDog。そのBigDogの最終版が完成し、名前も新たに「LS3」となったようです。

そして、ついに国防総省国防高等研究事業局が米国海兵隊のためにLS3を使用してもOKと

Boston Dynamics社との契約を承認したんです。ということは・・・実戦での任務にデビューする日が近づいたってこと。会社の社長Mark Raibertとプログラムの実験責任者は興奮して、こんなコメントを残しています。

もし、LS3がそれぞれの兵士たちの背中から22キロのづつ荷物を降ろす事ができたら、戦場での負傷や疲労を減らし、戦闘効率を上げることができると思います。そして、LS3のプログラムは、DARPAとアメリカ海兵隊の歩兵が、実用的な歩行ロボットに関して、いかに真剣に考えているかということを示しているんです。

ちなみに、LS3はBigDogと同じように180キロの機器を運び、給油なしで32キロ歩き続けることができるっていうから、かなり助かりそうですよね。しかも、本当に不気味なんで、初めてご対面する敵陣をビビらせる効果もあるんじゃないかと思うんです。いろんな意味で心強いぞLS3!

あとは、Boston Dynamicsの優秀なエンジニアに、彼らの開発した素晴らしいロボットシステムを、戦場以外でも、人々の生活に役に立つような活用方法を検討してもえればなぁって淡い期待をいだいちゃったりして・・・。

-Jesus Diaz(原文/junjun )