コンセントで充電する800人乗りフェリー

コンセントで充電する800人乗りフェリー 1

とてつもない電気代を覚悟せねばなりませんが...

海の上をエコに走り抜けるハイブリッドモーターボート「Epic 23e」まで出てましたから、もうそんなには驚きませんが、ついにバカでかいフェリーまで、大容量リチウムイオンバッテリーパックを搭載して完全に電力のみで走る時代がやってきますよ。5年以内の実用化も決定してるそうです。

アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドが開発を進める800人乗り客船「Zero Emission Electric Propulsion Ship(ZEEPS)」は、ディーゼル推進エンジンを搭載しないため、まったく二酸化炭素などの排出ガスを出すことなくクリーンで静かな水上走行を実現! 1回の満充電で最長80kmの連続運航が可能とされていますよ。

ただし、これだけ大きな船体をリチウムイオン電池のパワーだけで動かしますから、通常の電気自動車に搭載されるバッテリー容量の300倍にも達するドデカバッテリーパックの船内装備が求められるんだとか。とてつもない勢いで港に停泊中はチャージしていかないと間に合いませんね〜

すでにZEEPSは、過去3年で6作目のプラグイン電気推進フェリーということで、今後も改良を重ねて、より効率の良い仕上がりが目指されますよ。リチウムイオン電池の値段が下がれば、近距離運航のフェリーに重宝されるかもですね。

[Fareastgizmos via technabob]

Mark Wilson(原文/湯木進悟)