いまどきのAndroid UIは、こうでないと?(動画)

つい見せびらかしたくなるようなのが、来ました。

Android携帯「G1」などのUIを請け負うデザイン会社The Astonishing Tribeが、Android用の新しい3DホームスクリーンTAT Homeをデザインしました。ジェスチャーで操作でき、美しく、見たことのないようなものになっています。

上の動画は、生のデモを録画したものです。TAT Homeは実際できているソフトウェアで、コンセプトの公開前に米Gizmodoの記者には携帯電話上で動いているところを見せてくれました。

印象としては、若干やりすぎ感はあるものの、非常にキャッチーで、受けのよさそうな要素がたくさん---たとえばホームスクリーン・スイッチャーとか---あります。またポイントはやっぱり、「携帯で3Dってこんなに行けるんだ!」って実感できるのと、いまどきのハードウェアはそれくらい優秀なのがわかることでしょうね。

TAT Homeはスタンドアローンのアプリとしても使えますが、おそらくはキャリアか端末メーカーから採用されてもいいんじゃないかと思います。特に何か情報があるわけではないのですが、もしかしたらこの先、違う名前で、微妙に違う見栄えで、市場に出回っているかもしれません。

[TAT]

John Herrman(原文/miho)