想像以上でした。コミック読むならiPadで!

想像以上でした。コミック読むならiPadで! 1

僕、コミックを読用にiPad買っちゃうかも。

ありゃりゃりゃおバカさんですね...って思った人もいるでしょう。実際自分でもしょうもないなぁ俺って思うふしもあるんです。でも、マーベル・コミックと提携して、全てのコミックブックをiPhone用に展開してきたことでも有名なPanelflyがiPad用に開発したアプリの画面を観たら、僕の気持ちが分かってもらえる気がします。

単純に既存のiPhone用アプリをスケールアップするだけじゃなく、Panelflyは、Sugarcubeの開発チームと一緒にブレインストーミングを行いました。彼らはiPadの事、そしてApple iPadとデジタルコミックの関係について語り合った結果、アプリを改造してiPad用の新しいバージョンを制作する必要があると考えたんです。つまり、スクリーンのサイズ、新しい購入方法、コンテンツとの相互作用など、ディバイスの持ってる機能や可能性を十分に活用することが出来るようにしたわけです。

PanelflyのiPhone用アプリは、まずapp storeでアプリを無料ダウンロードして、アプリ内課金で、コミックを自分のライブラリーに追加していくという方法でした。Panelflyの最高技術責任者でありデザイナーのStephen Lynchは、これまでのところiPadバージョン用に、幾つかの違う方法での購買方法を開拓しているとほのめかしていました。ということで、定期購読みたいな方法もあるのか? など詳細を聞き出そうとトライしてみたんですけど、残念なことに答えは得られませんでした...。

まぁ、課金の方法はともかくとして、Stephenが語っていた「Panelflyは、Apple固有のUI要素から、あまりかけ離れ過ぎたものにはしたくないし、プラットホームがにふさわしいコンテンツだと敬意をもってもらえるようにしたい。」という想いは、この画面を見た瞬間、成功してますよ! ってかんじでした。

 

想像以上でした。コミック読むならiPadで! 2

想像以上でした。コミック読むならiPadで! 3

想像以上でした。コミック読むならiPadで! 4

想像以上でした。コミック読むならiPadで! 5

もう、たまりません!

僕のことコミック・ラブなオタクって呼んでくれて結構。これは、僕がiPadでコミックを読むならこんな感じがいい! って思っていた感覚にピッタリなんです。

ただ、このガジェットはコンピューターに取って代わるものではないし、僕のテレビの代わりにもならなければ、僕の家にある他のガジェットの代用品になることもありません。でも、僕が座ってコミック、雑誌、論文など、印刷メディアとして知られているものを読むときに手にしているのはiPadになるんじゃないかなぁと思っています。

-Rosa Golijan(原文/junjun )