ジョブズ「Flash動画見たらiPadのバッテリー寿命が1.5時間になってしまう」

100218_ipadevent__167.jpg

iPadでFlash動画見るとiPadのバッテリー寿命が10時間から1.5時間に縮まってしまうそうですよ? スティーブ・ジョブズCEOがウォール・ストリート・ジャーナルの経営陣に売り込みをかける際、そう言ったそうです。

そんな一気に8.5時間縮まっちゃうなんてこと本当にあり得るんでしょうか!?

答えはYESでありNO。ここでジョブズ氏はFlashの仮空のバージョンを選んで比べた場合のこと話してるので、本当とも言えるし、本当じゃないとも言えるのです。

デスクトップ対応(OS X除く)のFlash 10.1に備わってるみたいなハードウェアのアクセレレーション(アクセラレーション)がFlashのiPad対応版にも備わるとしたなら話は全然違ってきますし、動画のハードウェアデコードに対応したFlashならそんな言うほどCPUは必要ないですし。

バッテリー寿命はもちろん縮まります。でも、それはどんなシステムでどんなタイプの動画を視聴しても起こるのと同じ減り加減であって、85%も激減するなんて考えにくいんですけどね...。

もちろんハードウェア・アクセラレーションは現在のMacでは使えません。何故ならアドビには、その実現に必要なしかるべきAPIへのアクセスが与えられてないからです。ハードウェア・アクセラレーションが備わってない架空のFlashを想定して話してるので、こうして架空のバッテリー寿命への影響も簡単に計算できるというわけですね。

ジョブズ氏のもっと大きな嘘はFlashを「取るに足らないもの」だと貶してること。僕はそんなことないと思いますよ。HTML5も優れているんですけど、まだ素晴らしいってほどじゃないですからね。仮に素晴らしくなる時がきても、大手サイトが乗り換えるまでには何年もかかるでしょう。--ネット利用者が時代遅れのブラウザ使うのをやめるまでどれぐらいかかるかによりますけど。iPadも何世代か先のモデルが出るまで、なんだかんだで乗り換えは終わらない気がしますよ。

というわけで、FlashでiPadのバッテリー寿命は1.5時間になるのか? -たぶんYESで、たぶんNO。そんなことよりこっちが知りたいのは「その答えが分かる時がくるの?」ってとこだったりします。

[Gawker]

Brian Barrett(原文/satomi)