どうした、アップル? ポルノのポの字も許さない超厳格iPhoneアプリの7カ条!

どうした、アップル? ポルノのポの字も許さない超厳格iPhoneアプリの7カ条! 1

中世の暗黒時代じゃあるまいし...

これまで活況を呈していたApp Storeから、次々と問題作とされるiPhoneおよびiPod touch向けアプリの秀作の数々が削除されまくっている今日この頃ですが、ようやくその実態が判明してきましたよ。どこからが問題のポルノアプリで、どこまでは健全なるジョブズも公認の爽やかアプリとするかの、まさにアップルの独断と偏見に満ちた謎のガイドラインが、性道徳の教科書のごとく、驚きの7カ条で列挙されちゃっております!

どうした、アップル? その素朴な疑問が魅惑のセクシーアプリ公認に投げかけられていたのも今は昔。これからは続きの7つの超厳格ガイドラインに合わないアプリは一切承認しないっていうのも、なんか極端すぎるんじゃ?

とはいえ、もう決まってしまったんだから仕方ないんでしょ。ではでは、男の夢もロマンも葬り去る最新App Storeの審査基準の全貌を、どうぞシカとご覧くださいませ。

 iPhoneの傾きや振り方に応じて、写真の指定した部分を自由にプルプルと揺らせる純情アプリ「Wobble iBoobs」が理不尽なる強制削除の措置に見舞われた衝撃も冷めやらぬなか、たゆんたゆんに揺れるおっぱいを求める男性陣のダウンロード殺到が止み、窮地に陥った開発元が、大胆にもアップルへと切り込み、アプリ登録の復活を直訴してみたところ、以下の7条件を満たせば検討するとの最後通告が突きつけられちゃいましたよ。

1. 女性のビキニ姿は一切認めない

えぇ、どこからがビキニになるのかと申しますと、例えて言うならば、ちょうどバンクーバー五輪で盛り上がっちゃってますけど、スケート選手のセクシーウェアくらいだったら、だれが見ても健全な姿として認められるんだそうです。水着姿の場合は、アップルのほうで、かなりシビアに露出度のチェックが進められてから審査結果が出てくるとのことですよ。

2. 男性のビキニ姿は一切認めない

えぇ、男性のビキニ? いまいち意味不明なトコも多いのですが、どうやらまたもや冬季五輪を例に挙げますと、男子スケート選手のウェアの基準くらいが健全度マルってポイントなのでしょうか。とにかく水着姿は厳格な審査を通過しないとアプリ登録が認められないってことですね。えっと、この場合のアップルの審査員は女性が務めてるんでしょうかね~

どうした、アップル? ポルノのポの字も許さない超厳格iPhoneアプリの7カ条! 2

3. 肌を露出させることは一切認めない

まぁ、もう言葉では説明が難しいんで、分かりやすくいっときましょう。とにかくこういう肌も露わなポーズやショットが入っていれば、速攻でApp Storeからは削除され、登録審査なんてあり得ないってことですね。ちなみに、まるでイスラム女性のように「ブルカ」を着用し、まったく全身を覆うことまでは求めないという、なんともご丁寧な説明までアップルから届いてるんだとか!?

4. シルエットで匂わせることも一切認めない

つまりですね、例えば、今回の問題作となっているWobble iBoobsのアプリ自体には、何ら性的に露骨な写真など収められていないと再登録を詰め寄ってみたそうなんですが、要はシルエット的におっぱいを想像させるプルプルアプリであるゆえに、ポルノ指定を受けているという判断のようであります。これからのApp Storeには、たとえシルエットによる隠喩表現であっても、一切のセクシーアプリが並ぶことはないという超潔癖主義なジョブズの意向が強く反映されている感じですね。

5. セクシー表現に当たるものは一切認めない

例を挙げて確認を求めてみましたところ、「おっぱい」「美乳」「巨乳」「セックス」「ヌード」「裸」「裸体」などなど、ありとあらゆるセクシー表現を暗示するものは、すべてApp Storeの審査で弾かれるとのことですよん。

6. 性的に刺激あるものは一切認めない

どうやらアップルは、当初のガイドライン見直しだけではとどまらず、一気に厳格化を加速させちゃったようですね。そもそも今回の問題作強制削除の理由として掲げられていたのは、あまりに性的に露骨な描写のコンテンツであるとの説明でしたが、もはや露骨かどうかという程度の問題ではなく、一切の性的に刺激をもたらすコンテンツは容認しないという強気の姿勢ですよ。やっぱりジョブズは常に攻めの姿勢一徹ですもんね...

7. セックスと関連性のあるコンテンツは一切認めない

もう説明は要らないでしょう。はい、そういうことです。アップルは青少年の味方なんですからってことですよ。

いかがでしたか? ちょっとにわかには信じられませんよねぇ。この新たな超厳格ガイドラインに沿いまして、どうやら現在も続々とApp Storeから登録アプリの強制削除が進行している模様であります。そのすべては、いよいよ登場する魅惑のiPadアプリに一切の不健全なる要素を残さないためだって噂も飛び出してますね。う~ん、でも、こういう基準で審査登録されていくアプリのiPadって、どうなんですかね? 本当にこの路線でずっと突き進むんでしょうか?

まぁ、もしかすると、これからは意外と日本のガラケーの復活だって期待できるのかもしれません。だって、お堅いドコモさんまで、こんなおっぱいプルプルたゆんたゆんiアプリを提供してるって話ですから...

[TechCrunch]

Kyle VanHemert(原文/湯木進悟)