テキストの早打ち競争:ラップトップ、iPhone、ペン、Palm、Newton 勝者は?

テキストの早打ち競争:ラップトップ、iPhone、ペン、Palm、Newton 勝者は? 1

        

非科学的だけど、まあまあ満足のいく程度に公平なテストに1人の男が挑戦します。

どんなテストかというと? 221語からなる、長いパラグラフをいろんなデバイスで入力し、その速度を競うんです。つまり、どれが入力しやすいデバイスか? を決めるってこと。競技者は、MacBook(unibody)紙とペンiPhone(portrait)Apple NewtonPalm Treo650(QWERTYキーボード)そしPalmVX(手書き文字認識のソフト)の6選手。

ちなみに、この試験者は18か月ほど彼のメインの携帯端末としてiPhoneを使用しているとか、献身的なBlackBerryユーザーは、QWERTYキーボードを使って確実に試験者よりも上手に早く入力できるはず! といったように、試験者が普段からどれだけ、そのデバイスを使っているかによって速さが変わってきちゃうという、微妙な条件下でで実施されます...。

こういったタイプのテストは、完全に公平に実施するっていうのは不可能だっていわれていますけど、試験者は、それぞれのデバイスで彼が出来る限りの最高なタイムをはじきだすように何とかしのぎましたので、この結果については、完全ではないけど満足のいく程度に公平なテスト結果として見てもらえればと思います。

それでは、気になる結果発表です。

テキストの早打ち競争:ラップトップ、iPhone、ペン、Palm、Newton 勝者は? 2

     

驚きはないですけど・・・、ラップトップ・キーボードが1番に来ました。続いて、iPhone、Treo、紙とペンは、基本的に互角。手書きで入力するデバイス2つについては、けっこうなお時間かかっちゃいましたねという結果に。

実は、僕はこの結果にちょっと驚いたんです。確かにラプトップキーボードが1位になりましたけど、小さいディバイス達がけっこう健闘していていますよね? まぁ、いろんな条件の違いがあったとはいえ、小さいディバイス達の優秀っぷりを示したテストだったんじゃないかなぁなんて思ったりしています。

このテスト結果、あなたの予想してた通りってかんじですか?いやいやこの結果はおかしいでしょ、自分でテストしてみるよって思った方、あなたのテスト結果お待ちしております。

[Gyford.com]

Dan Nosowitz(原文/junjun )