【How to】グーグルをやめる方法

100220_Google_lemmeout.jpg

Googleはもう沢山! 一生おさらばしたい! という時に役立つ「ビッグGの影から這い出すステップ・バイ・ステップの手順」です。

グーグルのサーバーから自分の情報を全部引っこ抜いて他所に移したい理由は、いろいろあるでしょうね。今は「ネットのプライバシーなんて幻想だ」と言われてるので、個人情報はなるべくバラけておきたい気持ち、わからなくもないです。

12月にはグーグルCEOがCNBCの番組でプライバシーに関して「人に知られてまずいようなことは、たぶん最初からすべきじゃないんですよ」と発言して一部反発を招きましたし。出張先で彼女から届いたセクシーなメールの隣にやけにピッタンコな広告。Buzzでは離婚した暴力夫に今の居場所が知れた女性が「ファ○○ユー、グーグル」と激怒し、グーグルが平謝りで徹夜で対処したり、ありましたもんね。

でもGoogleアカウントを閉じることは慎重に考えて決めた方がいいですよ。やはりメール、文書、連絡先、写真、ニュース、健康状態の履歴まで保管してる場所ですから。これだけの情報が一カ所にあること自体、サービスを使い続ける理由にもなり、サービスを離れる理由にもなるわけですが。

Google Dashboardを開くと、今お使いのサービス一覧とそこに保存してる情報の量・種別が見れます。心配になりません? 

心配にならない人はこの先は読まなくて大丈夫ですよ。本稿はグーグルを離れるよう説得するエントリではなく、離れる方法を説明するだけのエントリですから。ね?

 

検索

ここ数年はグーグルが圧倒的シェアを握ってるので忘れがちですけど、世の中にはグーグル以外にも優れた検索エンジンは沢山あるのです。

100220_Google_bing

乗り換えるなら一番に薦めたいのはマイクロソフトのBingです。

Live検索エンジンの進化形。グーグルとは一味違うユーザーエクスペリエンスで、ミニマリズムというよりカラフルなインターフェイスで、コンテンツ主導の検索結果が楽しめます。ごちゃごちゃを減らすよりクリック回数減らす方に力を入れてるエンジンですね。使用感が違うので最初「あれ?」と思っちゃうかもしれませんけど、ちょっと我慢して使っていくうちに良さが分かるはず。

「検索なんてプライバシーと関係ないじゃん」と思われるかもしれませんが、Googleを本当に離れたいなら全Googleサービスへの入り口から変えなくては。

[その他の代替サービス]

Yahoo

Wolfram Alpha

Collecta

Mahalo

 

メール

100220_Google_eMail

Gmailは2005年デビュー当初、尋常じゃない無料ストレージ容量1GBでユーザーを引き込みライバルを出し抜きました。今では7GB近くまで増えてますよね。でもまあ、後塵を拝した競合サービスも追いつき追い越せで頑張ってますよ。以下が全乗り換えのやり方。

Gmailのバックアップを取る

方法は沢山ありますが、一番簡単なのはメールクライアントを使う方法でしょう。

 1)Firefox開発元が出してる無料メールクライアント「Thunderbird」(Win&OS X対応)をダウンロード。

2)Gmailアカウントで受信箱の右上の「Setting(設定)」をクリックして、「Forwarding and POP/IMAP(メール転送とPOP/IMAP)」タブを開き、「Enable IMAP(IMAP を有効にする)」にチェックを入れます。

100220_Google_Setting

3) Thunderbirdの「File(ファイル)」から「New Mail Account(新規メールアカウント)」を開きます

4) 自分の名前とGmailアドレスを入力すると、あとはThunderbirdがこちらの設定を自動的に検出し、そのIMAPクライアントにThunderbirdを設定してくれますよ。できなかったら、グーグルのThunderbirdクライアント設定ページを見ながら手動でやってみてね!

100220_Google_MailSetup

5) アカウントの設定が終わったら、Thunderbirdのアカウント設定パネルから、「Synchronization and Storage(同期&ストレージ)」タブを開ます。「Keep messages for this account on this computer(このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保管する)」と、「Synchronize all messages regardless of age(年数に関わりなく全メッセージを同期する)」を両方とも選んでください。

6) メッセージがコンピュータと同期するまで待ちます。--これは何時間かかかる場合も。特にGmailを容量制限に近いところまで使ってる人は長い!

これでローカルのクライアント(Thunderbird)にGmailの全メッセージの引っ越しが終わりました。あとはThunderbirdを開いて閲覧・検索したり、外付けハードドライブにバックアップも取れます。さらに別のIMAPベースのサービスに引っ越す人は、Thunderbird内のGmail受信箱から古いメッセージをドラッグして新規アカウントの受信箱フォルダに動かすだけでインポートできますよ。

面倒なのは連絡先ですけど、これもGmailの連絡先をエクスポートする専用ツールを使ってCSVファイルやVCardを作れば、Thunderbirdにインポートは可能です。

さて、乗り換え先としてはYahooメールが一番でしょう。Gmail登場後あんまり良い新サービスが出てないので、必然的に古いのになっちゃうんですよね。

[Yahooメールの強み]

• まだ無料

• ストレージ容量は無制限

• 無料バージョンでPOPアクセス。少しいじればIMAPアクセスも可

• 国によっては無料でテキストメッセージが使える

• 他のウェブメールと違い、1999年にデザインしたUIには見えない

GmailをやめるとGoogle Buzzの位置情報入りアップデートシステムは使えなくなります。Twitter(これも位置情報入りでアップデート可)、FourSquare(訪問先情報のアラートを流して友人たちの反応が聞けるサービス)、Facebook (メディアを投稿して、それについたコメントが読める)の後追いなので、そっちを使えば間に合いますかね。Buzzはバイラルに広がる前なので乗り換えは簡単です。

 

カレンダー

100220_Google_Calender

Googleカレンダーをエクスポートする: これは簡単にできます。

1) GCalの設定ページを開いて、Calendarsのタグをクリック

2) ICSファイルにカレンダーをエクスポート

100220_Google_MyCalendars

3) おしまい!

乗り換えるなら、Yahooカレンダーもいいけど、情報を広める面ではWindows Live Calendarがおすすめ。Live IDを作ると自動的にLive Calendarのアカウントも取れます。 Google Calendars移行手順はこう。

1) Live Calendarを開いて「Subscribe」をクリック

2) GmailからエクスポートしたICSファイルをLiveにインポートします、以下のように。

100220_Google_Import_Subscribe

写真

Picasaを使う人は多くないので、これは悩まなくて良いかな...。

100220_Google_Photos

Flickr: 秀逸な写真共有サービスであるのみならず、専門家・アマチュアの貴重な情報源。毎月のアップロード容量には上限あり。

Photobucket:シンプルなギャラリー。保存より共有に力点。上限1GB。

Shutterfly:これもシンプルなサービス。容量無制限

Facebook:写真圧縮はアグレッシブかもですけど、写真のアップロードとタグ付けには枚数上限無し。

文書&表計算

Gmailの添付ファイルをクリックするとGoogle Docsが開くので、それでGoogle Docs使ってる人も多いと思います。Writelyを買収して改善を加えたのがG-Docsですけど、オンライン文書編集サービスにはもっと優れたものもありますよ。

100220_Google_Zoho

ZoHo Docsはオンライン版オフィススイート。Google Docsより優れてて、機能も豊富です。ディープなドキュメント編集、オフライン編集(!)、共同編集に対応。文書の互換性ではZoHoがトップでしょう。フォーマッティングや編集のオプションもGoogle Docsより上。文書、表計算、プレゼン資料の各エディターが揃ってますよ。

プラグを引っこ抜く

これで引越しは終わり、新居も整いました。あとはGoogleアカウントを消すだけ。心の準備はいいですか? 本当にいいんですね?  はい。

プライバシーの扱いは悩ましいグーグルですが、アカウント抹消は馬鹿みたいに簡単! さすがグーグルです。

1) どのGoogleページからでもいいので、右上のSettings(設定)のリンクをクリックし、「Google アカウントの設定」のサブメニューから「Account Settings(アカウント設定)」をクリックします。

2) 「My Products(マイサービス)」のすぐ隣の「Edit(編集)」というリンクをクリック

3) 個々のサービスを消したい人は「サービスを削除」、全サービスを一括削除するなら「アカウントを削除」に進みます。

100220_Google_Delete

4) 「アカウントを閉鎖します」を選びます。

100220_Google_Delete_confirmation

5) DO IT.

さあ、いかがでしょう? 変な気分じゃないですか? このエントリ最後まで読んだ人は「変」という形容詞は当たらないですかね...元グーグラーになって、少しは気が楽になりましたか?

---

ここでカバーできなかったサービスの乗り換え手法や乗り換え先のオススメご存知の方は是非コメントでください。米Gizmodo土曜特集「How To」ガイドは読者の声が命です。取り上げてもらいたいトピがございましたら、こちらまでじゃんじゃん(英語で)リクエスト送ってみてくださいね。

John Herrman(原文/satomi)