ワープに突入すると宇宙飛行士はどうなる?

ワープに突入すると宇宙飛行士はどうなる? 1

光速の99.999998%のスピードで移動すると、宇宙船のクルーは一体どうなっちゃうの? 

みなさま長年の疑問に米メリーランド州バルチモアのジョンズホプキンス大学医学部放射線学科ウィリアム・エデルスタイン(William Edelstein)教授がおこたえします!

ワープに突入すると宇宙飛行士はどうなる? 2
答えは「痛い」。

痛いも何も、アインシュタインの特殊相対性理論で教授が導き出した結論は、「宇宙船の周りの原子の運動エネルギーで荷重な放射線を浴び、瞬時に死亡する」というものです。もはや痛み感じる暇もなし。

光速に近づくと、厄介なのは希薄な星間ガスです。これが凝縮され、宇宙船にぶつかる水素原子も増えます。さらに悪いことに運動エネルギーも増えてしまうんですね。

例えば天の川銀河中央まで5万光年の旅を10年かけて行うとすると、宇宙船は光速の99.999998%のスピードで移動しなくてはなりません。こんだけの超スピードでかっ飛ばすと、水素原子はなんと7テラ電子ボルトにも達し、LHC(大型ハドロン衝突型加速器)をフルスロットルで駆動した時のプロトン並みの高エネルギーとなります。こうなりゃクルーは「LHCのビームの前に立ってるようなもの」。厚さ10cmのアルミ製ハル(船殻)もザルみたいなもので、エネルギーの99%は通過してきて、中の人体も電気回路も破壊してしまうんだそうな!

「水素原子は回避不能な宇宙機雷なんですよ」(教授)

大型エンジン搭載した厚さ10cmのハルの宇宙船以外にも、理論上の代案はあります。メキシコの物理学者アルクビエレ(Alcubierre)の提唱するワープドライブであるとか、Obousy博士のワープドライブの宇宙船なら、超高速で移動せず空間をワープするという発想なので、あるいは...。オバマも本気出してることだし、宇宙探査の先に何があるかなんて分かりませんよね、宇宙はまだ人間の知らないことがほとんどなんだし。

[New Scientist] Wikipedia - ワープ

Jesus Diaz(原文/satomi)