「あージム行きたい」って言いたくなるよ! Puma Phone!!(動画・ギャラリーあり)

「あージム行きたい」って言いたくなるよ! Puma Phone!!(動画・ギャラリーあり) 1

運動するモチベーションになりそうですね。

PumaとSagemが手を組んで開発したPuma Phone。米GIZMODOが触ってみました。どうやらとっても好評のようですよ。

手に持った感覚はHTCのTouchのような。サイズや形は似ています。ただ最近のHTCの端末よりかは若干チープな感じ。

ソーラーパネル付き。そうです太陽の力で充電が可能。さらに何分間くらい太陽光で充電したのか、そしてそのパワーでどれだけメールできてどのくらい通話できるかも教えてくれます。勝手な解釈だとこの機能がちょっとスポーツマンなカ・ン・ジ。

さらに太陽光でどれだけ充電したかに応じてポイントがつき、Pumaのお店で実際にそのポイントを使ってお買い物ができるのです。なかなかなアイディアですね。これだと太陽光で充電したくなるので、ソーラーパネルつけるかいがありますものね。

ちょっと残念なのがスクリーン。2.8インチのQVGA TFTスクリーン。240 x 320ピクセル。なんかシャープじゃないそうな。なんか曇ってるといいますか。なんだかねぇ。

さて気になる中身は続きでどうぞ! 

ギャラリーと動画もあります。

 

スポーツ分野ライフスタイル分野の両面が楽しめるそうです。

スポーツ面ではやはり歩数計、バイクトラッカー、ランニングトラッカー、コンパスにアラーム。もちろんストップウォッチも。スポーツ関連ニュースのRSS機能もついてますよ。そしてどのプログラムもPuma Phoneのキーカラーである赤。真っ赤です。ここは好き嫌いでそうですね。

ライフスタイル方面では音楽プレーヤー、携帯メール、Eメール、カメラ等々。アプリもありまして、Twitter・Facebook・Flickr・YouTubeのアカウントを簡単に開く事ができます。ここで注目なのは音楽プレーヤー。かっこいいの。ターンテーブル仕様なのですねぇ。再生するとPumaのロゴがはいったレコードが置かれて回ると。しかもなんとスクラッチ可能。おっしゃれー!

カメラ。3.2メガピクセルのカメラ搭載。使い勝手はAndroid携帯と同じような。LEDのフラッシュが付いていて6倍のデジタルズームあり。このカメラでVGAでのビデオ会議もできるそうな。

好き嫌いはあると思いますが、スポーツ大好きな人にはうれしい機能がたくさんついてきますね。

こういう機種がでてくるってことは、携帯電話というものに多くの企業が参戦したい・しやすくなっている、ということですよねぇ。

20100218pumaphone120100218pumaphone220100218pumaphone320100218pumaphone420100218pumaphone520100218pumaphone620100218pumaphone720100218pumaphone820100218pumaphone920100218pumaphone1020100218pumaphone1120100218pumaphone12

携帯電話、いろんな業界がその業界の特性をいかして特徴のある端末をつくる。今後もいろいろ楽しみです。

[Puma Phone]

Kat Hannaford(原文/そうこ)