UFOを目撃した時の緊急連絡先(政府発表)

100202bigelow.jpg

日本だとどこに通報したらいいんでしょうか?

米国政府が空の怪現象を目撃してしまった時の公式な通報先と発表していたBigelow Aerospace Advanced Space Studies(BAASS)が、本格的な調査研究活動体制を始動させちゃいましたよ。その内容は秘密のベールに覆われているんですが、現在でも宇宙人発見およびコンタクトに役立つ技術を持っていれば、特別な審査を受けて調査要員に潜入することは可能なんだとか。

これまで米連邦航空局(FAA)では、もし飛行中のパイロットや航空管制官などが、上空で未確認飛行物体や未知の生命体などに遭遇した場合の緊急連絡先として、取りあえずはNational Institute for Discovery Sciences(NIDS)を紹介していたそうですが、すでに同研究所は2004年以降は活動を停止していたため、ようやく正式に通報を受け付けられる機関としてBAASSを指定することができ、万全のUFO発見体制が整えられたとの公式発表までなされてますよ。まぁ、昨年はノルウェーロシアで次々と奇怪な青光現象が見られちゃったりしましたもんね...

ちなみにBAASSでは、他にも宇宙空間に浮かぶホテルの開発も進めており、真剣に宇宙での共同生活なども想定した研究活動が地道に進行しているとのことですよ。夢があるっていいよね~

[BAASS via As the Croft Flies]

Jesus Diaz(原文/湯木進悟)