Windows Phone 7のUIでマイクロソフトは脱アップルな新機軸を出した

100215_iphone-vs-windowsphone7

ごめんね、クパティーノ。 でもこれはマイクロソフトに1本とられましたね。Windows Phone 7はまるで未来からきたiPhoneです。iPhoneはいまだにPalm Pilotに色塗ったようなUIのままなのに、WP7のUIにはアップルのインダストリアルデザインが持つシンプルさとエレガンスが息づいてます。

いや、Windows Phone 7のユーザーエクスペリエンスがアップルより上だという意味じゃないですよ。WP7とiPhoneでは「データ中心 vs 機能中心」でUIの考え方の土台が違いますし、特に前者はみんなが使い慣れてるUIとはかなり違うラディカルなチェンジなので一概に比較はできません。

(Windows Phone 7のニュースまだの方は概要ハンズオン鼻高々などご覧くださいませ)

アップルはiPhoneで極めてシンプルなモーダルのインターフェイスを採用しました。どんな年齢層・背景の人でもすぐ使いこなせて、「クリックするアイコンに応じて別々の情報にアクセスできる多機能端末」。

そのとってもシンプルな発想でアップルは大成功を収めます。その成功があったからこそ、アップルはモバイルだけでなく未来のコンピューティングもこの方向性に賭けているのだし、AndroidsもPalmもBlackberriesもその後を追っているんですね。

クリーンなスレート

マイクロソフトのアプローチは完全に違います。Androidや他社みたいに似たりよったりの「me-too」携帯をつくるんではなしに、Windows Phone 7のチームは「携帯電話はかくあるべき」という自分らなりのビジョンを探求しました。そして、その過程でデータを中心に据えた美しいUIを編み出したのです。

アプリ(個々の機能)ではなく、情報そのものが主役。使っていくとある時点を境に、まるで情報がインターフェイスそのもののような感覚に陥る、そんなUIです。

 買って箱を開けると、情報は端末内のハブというエリアにきちんと整理されていて、使う人は自分の興味のおもむくままハブが使えます。

HOMEスクリーンのライブタイルを通してアクセスできるのは、Me(ユーザー本人)、people(人)、pictures(写真)、video(動画)、music(楽曲)、games(ゲーム)の各ハブ。検索はいたるところにあります。

ハブではいくつかの情報ソースに繋ぎ、そこから入る情報をパノラマのストリームに練りこんで表示。これはローカルとクラウドの両方にある沢山のデータベースを、かなり深いところまで掘り下げてやるようです。

100215_peoplescreen_web

アプリ開いて連絡先情報仕入れて彼女に電話→終わったら別のアプリ開いて彼女のTwitter アップデートを確認→また別のアプリで彼女のFacebookのアップデートを見る→また別のアプリで彼女からの新着メールをチェック→また別のアプリで彼女の写真を眺める...というんじゃなしに、Windows Phoneではpeopleハブでこれ全部ひとまとめに見れるんです。シームレスに。シンプルかつロジカルな方法で。

iPhoneは機能中心モデルなので、「電話かけたいな」と思ったらアプリをクリックして端末を「通話モード」に切り替えて、連絡先を選んで、電話をかける、という順序ですよね。「山田太郎、最近どうしてるかな?」 と思ったら端末はFacebookやTwitterやMailモードに切り替えなきゃならない、などなど。

マイクロソフトは、ハブに入ってくる情報をみんな横長のパノラマにオーガナイズしました。情報の塊を継ぎ合わせて、それを横表示のランドスケープのカラムに並べて見せている。で、このカラムが携帯の画面をはみ出すぐらい大きくて、見えないところは指でスクロールしなきゃ見れない。でも、このソリューションが ―ミニマリストな美と洗練されたアニメーション(決して過剰ではない)と相俟って― ものすごく効果を挙げてるんですよ。

100215_picturesscreen_web

他のアプリケーションは使えるの?

人+ ソーシャル+マルチメディア+コミュニケーションという、デジタルライフの核を成す部分をきちっと整理し全部ハブに混ぜ込むマイクロソフトのアプローチは、直観判断でいいなって思いました。「これは電話。これはメールプログラム。これはブラウザ。これは iPod」というアップルのアプローチより、僕は好きですね。

iPhoneやAndroidのモデルほど杓子定規じゃないし、もっと豊かなエクスペリエンスを提供してくれて、使う人の探求心を刺激し、いろんな観点からのデータを素早く提示してくれる。それもスッキリ整った方法で。それになんというか、人間的なんですよね。アップルもアップルに追随する端末も、これは自分はどうかなって心配しなきゃいけないところだと思います。

「つまり機能中心モデルは劣ってると、そう言いたいの?」―いや、さっきも書いたようにこれが必ずしもそうは言い切れないんですね。情報中心のパノラマは、今のiPhoneにみんなが求めるタスクのどれかひとつに当てはまるというものではないので比較は難しいです。「タスクのどれかひとつ」どころか、Appleストアには何千何万とアプリはあるわけで...。マイクロソフトはハブのエクスペリエンスを自分の好きなようにドレスアップできます。でも端末に充実したアプリ市場が提供できないと、アップル相手の競争で苦戦している今の競合と同じ失敗の道を辿ってしまうと思いますよ。

幸いWindows Phone対応モデルは情報中心だけじゃなく、機能中心な使い方もできるそうです。Windows Phoneプログラムの酋長Joe Belfioreさんによると、アプリケーションは別にハブのメタファーとかパノラマUIに必ずしも繋がらなきゃいけないわけではないそうな。1ヶ月以内に開発ツールキットが出るので、そしたらマイクロソフトとしても今のiPhone対応アプリみたいなアプリを推奨していくとのことです。要するに、新しいアプローチも大事だけど、他のアプローチも同じぐらい大事なことは同社も分かってる、ということですね。

マイクロソフトは単に、デジタルライフを活用・探求するベターで楽しく直感的な手法がハブなんではないかと考えているだけです。今の消費者が求めているのは、まさにそこですからね。今日(15日)彼らが出してきたものを見て、その選択は正しいかも、と思いました。もっとも、Zune HD同様、遅きに失した感は否めませんけどね。

Jesus Diaz(原文/satomi)