次の皆既日食が見られるのはいつどこ? 皆既帯世界地図2001-2025

次の皆既日食が見られるのはいつどこ? 皆既帯世界地図2001-2025 1

今度こそ皆既日食見てやる!」と張り切ってる方に、こちら。

いつ、どこで皆既日食が見れるか一目でわかる世界地図です。

NASAの地図を元にウィーンのグラフィックデザイナーMichael Pauknerさんが作成しました。

Strange Mapsにある解説から年号と場所を拾っておきましょう。

北米

2017年8月21日、テネシー州メンフィス近郊

2024年4月8日、メイン州からメキシコにかけての一帯

これから7年半かけてメンフィスに移動すれば間に合いますよ!

南米

2006年3月29日、ブラジル

2010年7月11日、チリとアルゼンチンの2つの地域

2019年7月2日、チリとアルゼンチンの2つの地域

2020年12月14日、パタゴニア

欧州

2026年

フェロー諸島、スピッツベルゲン諸島、ノヴァゼンブラ、Abkhazia、グルジア東部、ロシア南部を除き、今後15年以上見れません...orz。

アフリカ

2001年、南部

2002年、南部

2026年

豪州

2012年11月13日、北部特別地域・クイーンズランド州一部地域

アジア

2008年8月8日、中国、モンゴル、カザフスタン東端、シベリア

2009年7月、中国、インド、東部ネパール、北部バングラディッシュ、ブータン王国

2016年3月9日、インドネシア

2009年には日本でも46年ぶりに皆既日食が見れましたね! 気になる「次回」ですけど、国立天文台によると日本の日食(皆既食&金環食)スケジュールは以下のようになります。

2012年5月21日の金環食: トカラ列島、屋久島、種子島、九州・四国・近畿・中部・東北の一部、関東の大部分

2030年6月1日の金環食: 北海道の大部分など

2035年9月2日の皆既食: 北陸・北関東の一部など

さあ、次の皆既日食まであと25年半の辛抱です!

[Strange Maps, Flickr]

Dan Nosowitz(原文/satomi)