世界最先端だった30kg超のハンディーカム

世界最先端だった30kg超のハンディーカム 1

いまなんてケータイで動画まで撮れちゃうのにね...

スーツケース背負って、どこ行くの? そう思わず尋ねたくなる、モビルスーツ顔負けの重装備ですけど、これでも当時は超コンパクトと世界中を驚かせたんですよ!

世界最先端だった30kg超のハンディーカム 2

Ampexが1967年に世に送り出した「BC-300」ポータブルビデオカメラの重量は15ポンド(約6.8kg)で、背中のレコーダーバックパック「VR-3000」の重量は55ポンド(約25kg)ですよ。米袋をおんぶしたほうが軽そうですけど、この超ヘビーな撮影セットが、軽量ハンディーとモテハヤされ、放送業界の革命的存在になったなんぞとは、もうまったく存じ上げませんでしたね。

ちなみにお値段もドドンとビッグでして、BC-300は1万2685ドル(約113万円)、VR-3000は4万2000ドル(約375万円)と、当時としては破格のリーズナブル設定だったんだとか。いまなら高級車だって買えちゃいそうですよね。

おっと、この偉大なるポータブルビデオカメラシステムの販売元のAmpexって、現在でも日本では、アンペックスジャパンとして活躍中だとは知りませんでした...

[Wikipedia]

Jesus Diaz(原文/湯木進悟)