スマートフォン市場はAndroidが倍増、iPhoneは横ばい

スマートフォン市場はAndroidが倍増、iPhoneは横ばい 1

いよいよiPhone vs. Androidのバトルが、市場でも本格化してきそうです。

直近のスマートフォン利用者数が発表され、過去3ヵ月のAndroidの勢いが判明しました。まだ低シェアではありますが、10月と比べると倍以上になっています。また、順位ではPalmを抜いて4位になっています。

BlackBerryのRIMがトップを維持し、市場の4割以上を制しています。アップルは25.1パーセントのシェアを持ち第2位ですが、その伸びは0.3ポイントにとどまっています。今年夏発売と噂されるiPhone 4早く出さないと戦況は厳しくなりそうです

負け組になりつつあるのがPalmです。Palm Preは高評価を得ていますが、良い端末を作ればそれだけで勝てる時代ではない、ということでしょう。また、マイクロソフトはWindows Mobile 6.5を捨て去ろうとしているので、しばらくはこの勢いでシェアが下がっていくのではないでしょうか。Windows Phone 7で盛り返せるんでしょうか?

スマートフォン市場はAndroidが倍増、iPhoneは横ばい 2

[ComScore via TechCrunch]

Brian Barrett(原文/miho)