Google Earthに捧げるアート

    Google Earthに捧げるアート 1

    Google Earthで探したくなります。

    アーティストのモリー・ディルワースさんは、Google Earthの衛星写真に収まるべく、巨大な屋上アートPaintings for Satellites』を制作しています。

    2年ほど前にも、カナダの学生がGoogle Earthに向けた世界規模での「ウォーリーをさがせ!」の試みがありました。ディルワースさんの作品はもうちょっとアーティスティックで、抽象画あり、空から見ないと何が書いてあるかわからないような点描ありといった作品群です。

    100303_rooftopart1100303_rooftopart2100303_rooftopart3100303_rooftopart4100303_rooftopart5100303_rooftopart6

    ディルワースさんはこう言っています。

    私の作品は全体的に、人がおかれた状況についてどう理解するかを主題にしています。『Paintings for Satellites』は、肉体に対してデジタルが及ぼす影響をテーマにしています。一連の作品は、既存の状況から作り出される制約にもとづいて描いています。たとえば、作品に使う色や素材は、その日捨てられた絵から作っています。そして屋根の形が、絵画の形を決めるのです。

    作品を見ると、なかなか順調なようです。早くGoogle Earthの衛星が撮ってくれるといいですね!

    [Molly Dilworth via Inhabitat]

    Brian Barrett(原文/miho)