ベッキー、iPhone、ソースネクスト2010年の新戦略(動画あり)

20100301sourcenext.JPG

 

ベッキーさん、テレビどおりの人柄のようです。

昨日、ソースネクストの2010年度事業戦略発表会にお邪魔してきました。今回、発表された事柄の中でも注目は、ベッキーさんが新イメージキャラクターに起用されたことと、iPhoneアプリ市場に参入するということ。そしてパソコンなんでも相談サービス「ほっ!」を開始の3つ。

まずはベッキーさんの話題。彼女はテレビで見ると、いつも明るくて優しい、誠実なキャラクターですよね。だから、ソースネクストのポリシー、優しい・簡単・ワクワクを訴えかけるには、最適なイメージキャラクターの起用じゃないかと思います。

そして、ソースネクストによるiPhoneアプリの参入。

20100301sourcenext2.JPG

まず第1弾としてリリースされるのは、「超字幕 どこでも単語」です。パソコンの英語学習ソフト「超字幕」シリーズと連携できるiPhoneアプリで、4月中旬に無料で配布される予定なんだとか。

続きで実際の動画をご覧下さい。

  

 

こちらが実際に操作してもらった動画。

iPhoneで勉強するには操作しやすそうなUIになっていて、単語学習もはかどるでしょうね。ここで学べる単語は、パソコンの「超字幕」から、手動で登録したもの。それをiPhoneで持ち運べるという仕組みで、登録する作業にiTunesは介さないようになっています。

さらに年内にiPhoneアプリを30タイトルリリースする予定だそうで、『携快電話』『筆王』『特打』『驚速』など、同社の看板タイトルが並ぶ予定です。

パソコンなんでも相談サービス「ほっ!」は、パソコン全般について相談できる3年間の有償サービス。限定10万本、4980円のパッケージを購入すると、メール・電話・リモート操作によるサポートが受けられます。初心者には嬉しいサービスですね。

2010年のソースネクストは、いつも以上に本気ですよ。

ソースネクスト

(大野恭希)