iTunes不正請求問題、アップルの状況説明不足に消費者庁が追求

iTunes不正請求問題、アップルの状況説明不足に消費者庁が追求 1

iTunesから身に覚えのない請求を受けたというユーザーからの声に、消費者庁は2月17日に質問状を出しました

内容は、身の覚えのない請求についてiTunes側で、どのくらい把握し、またそれについてどのような原因が判明しているのかというもの。そして、3月2日にiTunesより出された回答がこちら。それによると、

日本において請求の問題が異常に増加しているとの認識は有していないながらも、日本の利用者様のために継続して調査を行っている

とのこと。また、どの程度事例について把握しているか? については、

利用者様のプライバシーの問題等がございますので、コメントを差し控えさせていただきたいと存じます。

と、具体的にどのような実例があったのかについては、言及しませんでした。まぁ、たしかにトラブルがあるのは、個人アカウントの問題ですから公にできないってのもありますが...。

気になる原因については、前置きに「iTunesに特有の問題ではない」と付け加えた上で、

(1)クレジットカード詐欺の場合

(2)利用者様の電子メールアカウントが漏洩した場合

(3)利用者様がアカウント情報を誤って共有された場合

の3つを挙げ、利用者の過失があった可能性を示唆しています。

しかしどうでしょう、たとえ、利用者側で過失があって、それが原因だとしても、「日本において請求の問題が異常に増加しているとの認識は有していない」と言い切るのはどうなんでしょうか。消費者庁に寄せられた約100件の不当請求はユーザーの母数が多いアップルにとっては「異常に増加」しているとは言えないのかもしれませんが、それを認識していないと一蹴してしまうのも...。

 

iTunes不正請求問題、アップルの状況説明不足に消費者庁が追求 2

一方、消費者庁はこれを受けて、3月4日に再度「iTunesに関する補足的な質問について」をiTunesに送付。個人情報に差し障りのない範囲で、具体的な事例を求め、またiTunesに特有の問題ではない理由などを求めています。(リンク

うーん、確かに、iTunes側の対応を見てみるとちょっと不透明な部分が多い気がします。消費者側としてはもう少し、具体的に問題について説明してもらいたいですよね。

この問題、しばらくは続きそうです。

インターネットをめぐる消費者トラブルについて [消費者庁]

(遠藤充)