「PAS Brace-L」というかクロスバイク型電動アシスト自転車に惚れた件

「PAS Brace-L」というかクロスバイク型電動アシスト自転車に惚れた件 1

とりあえず500円玉貯金をはじめました。

車も好きだしバイクも好き。そして自転車も大好き。はたらくじどうしゃも電車もヒコーキもLOVELOVEで節操のない僕ですが、いままで視界に入れていなかったのが電動アシスト自転車

10年くらい前に軽く試乗させてもらったんですけど、漕ぎ出しの妙な加速感とすぐに重くなるペダル、そのくせ持ちも悪いバッテリーに魅力を感じなかったものでして...。

ところがイマドキの電動アシスト自転車はスゴイとのこと。1充電で80kmとか100kmとか走っちゃうらしいよとGizライターの飲み会の時に聞き、それは試してみるしかなくね!? 郊外から都心部までの通勤用に使えるんじゃなくね!? と、ヤマハ発動機さんから「PAS Brace-L」を借りましたです。

と、いうわけで走りましたよ! 埼玉県春日部市から東京都渋谷区の40.1km(途中、道に迷ったり観光もしたので42.195kmぐらいはいったかも)を走りきりました! いやあ、なんといいますか、こりゃ原付売れなくなるハズですよ...。

 100324-R0011624100324-R0011626100324-R0011627100324-R0011628R0011623

ポジション

可動式のハンドルポストを使っているため自由度は高め。全身の重量を腰で受け止めるママチャリスタイルと異なり、長時間のポタリングもラクでした。あとハンドルグリップがGOOD。中央部が盛り上がっているから握りやすいし、握り疲れしにくいんですよね。

いうなればごくフツーのクロスバイク風味なんですけど、これ重要。うん。

漕ぎ出し

かる!

らく!

カラダが浮いてるカンジだよ! 

ペダルに足を載せ、軽く踏み込むとスムースにアシストスタート。急坂で漕ぎはじめたときはフロントが軽く浮くぐらい、一気にトルクがかかります。ひと漕ぎめがとにかく軽いから疲れていても気負わずに済みます。カゴつけて、缶ビール満載しているときでもラクでしょうなあ。

巡航

時速23kmか24kmでアシストが止まってしまいます。なので信号の少ない道ほどスピードが上がり、ペダルがグンと重くなり、車重が気になりますね。この域だと普段乗っている12kgのMTBのほうが快適。とはいえママチャリと比べるとフリクションが少ないのかな。ポジションのよさもありますがさらりと回ります。

乗り心地

サスペンションは偉大です。

フロントサスのおかげで手のひらにかかるショックは少なめ。路面状況の悪い道でも快適です。厚みがあるシートも快適性に貢献。しかし段差があるとリジッドなリアからガツンと腰に響きます。またゴール寸前でおしりに痛みが。長時間乗るなら自分の身体にあったシートへの交換が必須ですね。

バッテリー

最初はアシスト量の多い強(パワー)モードにセット。坂がほとんどない10kmの道のりでバッテリーが3/4になってしまったので、以後は坂がある場所と交差点で止まったときのみハイモードにして、基本入モード+オートエコモードプラスで走ってみました。とりあえず40kmは持ったし、多少の余裕も!

ギアを一番上(8)にしていても難なく走り出しますからオートマ感覚でしたけど、漕ぎ出しにもっともパワーがかかるようなので、交差点などで止まるときはギアを下げ、再スタート時の負荷を減らせばもっとエコに走れたんでしょう。

そうそう、それからペダルを踏み込む力を増やすとそのぶんアシスト量が減るから、より長持ちするそうですよ。

40km走ってみて

40km先の会社に通っているとして、毎日コレで通勤したくなるかというと答えはNO。でも週1くらいならモチベーションが続くだろうし、片道20kmまでなら毎朝毎晩でもOKかも。意外にも汗だくになりましたから、フィットネスにも役立ちそう。さらなる負荷が欲しいときはアシストをカットすればいいわけですしね。

ちなみに40kmの所用時間は約3時間20分でした。迷子、休憩、観光で1時間ほど使いましたから、実際には2時間20分くらい。平均時速は17~18kmほどでしょうか。

まとめ

普段から走り慣れている人にとっては「ちょっとそこまで」の距離かもしれませんが、デスクワーク、それも自宅仕事ばかりのカラダにとってはプチ冒険。それでもMTBで40kmを走ったときよりもトータルでの疲れは少なく、快適でした。

ただし前述したように、止まることの少ない道(サイクリングロードや郊外のバイパスなど)を走るなら、きちんとメンテされた自転車に軍配があがります。また坂道が続くところではアシスト量が増えてバッテリー消費速度も上がりますから不安がつきまとうかも。やっぱりGO and STOPが多い市街地でこそポテンシャルを発揮しそうです。

だからこそ、もうちょっとラインナップが増えてくれたらなあとも思いました。前後サスとソフトな当たりのタイヤを組んだ、乗り心地重視のコンフォート車があればいいなあ。ダートを走るわけでもないのにフルサス? とツッコミが入りそうですが、電動アシスト自転車なら多少のロスなんて気にすることなく走れるし、乗り心地が良ければ身体への負担が少ないからお年寄りでも肩の力を抜いて近所をサイクリングできるでしょう。どうでしょうか?

さて最期に、現在ヤマハ発動機さんではPASシリーズのプレゼントキャンペーンを開催中。3月28日までに、メルマガに登録した人のなかから10名様にPASが当たります。6車種のなかから自由に選べるので、もし当選した人は、ぜひ「PAS Brace-L」で!

ヤマハパス プレゼントキャンペーン[ヤマハ発動機]

(武者良太)