中国の知識層、グーグル撤退には強い反対意見

中国の知識層、グーグル撤退には強い反対意見 1

中国にとってもマイナスですよね...

厳格化する中国政府の検閲問題をめぐって、もしやグーグルは中国市場から完全撤退するのでは? そんな懸念すら高まる中で、このほどNature Newsが、中国の知識層へと突撃インタビューを敢行しちゃいましたよ。

中国の科学者や研究者を対象に、もし本当にグーグルが国内で使えなくなってしまったら困るかどうかについて、率直な意見を尋ねてみたところ、あくまでも匿名での回答が条件でしたけど、実に84%の中国人回答者が「研究に支障となるのは明らかだ」との撤退反対を表明! 他の中国語の検索エンジンでは、グーグルほど良質の英語圏の資料やデータがそろわないほか、学術ジャーナルや論文検索に優れる「Google Scholar」の消滅は非常に手痛いとの感想が多かったんだとか。

どうやら中国の中では、こんなパクリサイトまで盛り上がってはいるようですけど、この問題は落ち着くとこに落ち着かせないと、皆にアンハッピーとなっちゃうのかもね~

[Wired]

Brian Barrett(原文/湯木進悟)